診療科・部門

リハビリテーション科

診療内容・特色

患者様のリハビリを効率よく行うために理学療法、作業療法および言語療法を症状に沿って行います。

  • 理学療法
    理学療法士により行います。発症あるいは手術後の早期より、座位、立位および歩行訓練を行います。
  • 作業療法
    作業療法士により日常生活に必要な動作訓練を行います。
  • 言語療法
    言語療法士により失語症などの言語訓練や、嚥下障害にたいしての摂食訓練を行います。

リハビリテーションとは

いろいろな障害を持った人々に対し、その障害を可能な限り回復治癒させ、残された能力を最大限に高め、身体的・精神的・社会的にできる限り自立した生活が送れるように援助することです。

そして、すべての人々がよりよい社会生活が送れることを目指し、医師を中心に看護婦、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚療法士(ST)、その他大勢のスタッフが互いに協力して行っている医療のことです。

担当医師紹介

髙塚博[写真]
髙塚 博たかつか ひろし
出身大学 横浜市立大学医学部