診療科・部門

言語聴覚療法

言語聴覚療法(STとは)

言語聴覚士(Speech-language-hearing Therapy)は、ことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。

また、摂食・嚥下障害と言って、上手く食べ物が食べられなくなってしまう障害にも専門的に対応します。

当院STの特色

当院では脳卒中などの脳の病気によって起こる失語症(ことばを理解したり、話をしたりする能力の障害)、声を出したり、ことばを発音する為に必要な器官(口唇、舌、下顎など)の麻痺によって起こる運動障害性構音障害、その他、高次脳機能障害(脳の障害される部位によって起こる様々な症状)によりコミュニケーションに何らかの問題をきたしている患者様に対し、評価、訓練を実施しています。

言語聴覚室

[写真]
[写真]

治療風景

[写真]
[写真]

当院の理学療法士

[写真]