診療科・部門

院長外来

診療内容・特色

バセドウ病(甲状腺)について

甲状腺機能亢進症の代表的な病気です。これは1,000人に2~6人いるといわれています。

女性が男性の5倍と多いのも特徴の一つです。

何故起きるの?

体質変化により、自分の甲状腺を異物とみなして、甲状腺の細胞の表面にあるTSHレセプターに対する自己抗体(TSHレセプター抗体・TRAb)が産生されます。

これらが常に甲状腺を刺激し、甲状腺ホルモンを作り続けるバセドウ病になると考えられます。

症状は?
[写真]

新陳代謝が活発になる。ジョギングしている感じ、頻脈、発汗、暑がりで疲れやすい、37.5度前後の微熱など。イライラ感、不眠症、食欲が増しても体重が減ってしまう。

むしろ食べ過ぎて体重増加してしまうケースもあります。甲状腺腫は、写真のように腫れて大きくなります。

しかし毎日鏡を見ていても、なかなか気がつかないこともあります。

気になる方は採血で簡単にわかりますので、ご相談下さい!!

担当医師紹介

森直作[写真]
森 直作もり なおさく
診療科目 一般内科・甲状腺・糖尿病
資格
  • 医学博士
  • 日本外科学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本透析学会会員
出身大学 昭和49年 群馬大学卒