医療法人大樹会 ふれあい鎌倉ホスピタルは、ふれあいグループの病院です。

医療法人大樹会 ふれあい鎌倉ホスピタル

0467-23-1111(代表)

0467-23-1110(FAX)

看護部

看護部長の挨拶

[写真]

 ふれあい鎌倉ホスピタル看護部長に就任いたしました、森口喜美代です。

 鎌倉の地で歴史ある病院が新しく生まれ変わりました。

 看護部は、地域に密着した病院としての使命と役割を自覚し、患者様の意思を尊重し、「思いやり」のある「温かい心」で安全で安心と信頼を得られる看護を提供してまいります。

 看護単位は病棟、外来、透析室、訪問看護があり、地域の皆様の健康を外来から入院、在宅まで切れ目なく継続的に支援できる体制をとっております。

 さらに、患者さまに満足していただける看護をめざして看護本来の役割をより高められるよう、それぞれの部署で看護の力を発揮できる環境をつくり、人材の育成にも力を入れています。

 ここで、各看護単位の紹介をさせていただきます。

 外来部門は、一般診療、健診、内視鏡検査、救急外来があり、特に救急医療に貢献すべく、夜間帯の診療および入院も看護師が対応いたします。

 透析室は、入院と通院の患者様の透析を行っています。専門性の高いチームで構成されており、看護は、患者様の苦痛を和らげ、健康管理やそのための生活指導や、「足病変」に対するベッドサイドケアにも努めています。

 入院病棟は、2階障害者病棟と3階の回復期リハビリテーション病棟から開棟いたしました。

 2階障害者病棟は、神経難病・重度の身体障害・意識障害のある患者様が対象となる病棟です。

 重度の障害を持ちながらも、その人らしい豊かな生活を送れるように患者様やご家族の方の思いに寄り添うことを心掛け、ケアを提供いたします。

 3階回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患や骨折で治療が安定した後、多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会に戻っていたたくことを目的に、患者様にとっての生活の質(QOL)を常に考え、最善のリハビリテーションを提供する努力をいたします。

 また、在宅復帰・社会復帰を円滑に進めるために、多種多様な支援プログラムも実施します。

 地域の皆様や当院を選んで下さった患者様・ご家族の方から「ふれあい鎌倉ホスピタルに来てよかった」と感じていただけることを目標に看護部一丸となり頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。