当院について

ご挨拶

院長

このたび、ふれあい鎌倉ホスピタル院長に 2021年6月1日付けで着任いたしました。よろしくお願い申し上げます。

当院は、鎌倉駅から程近く「佐藤病院」として開院して約55年、顔の見える距離で市民の健康を守り続けてきました。2009年3月1日に現在の「ふれあい鎌倉ホスピタル」に名称変更しましたが、旧来と変わらず「地域の方々に信頼される病院」にと、真摯な姿勢で日々の診療に臨んでおります。

これからも当院の理念である「人を尊び、命を尊び、個を敬愛す」を基本に、患者さんが入院前の日常生活に帰っていただくことを目標といたします。

患者さんを包み込むような看護、専門的に観察する目、そしてご家族との絆の継続に目を配り、患者さんを力づけます。そういったふれあいの中で病気を乗り越え、患者さんをご家族や地域社会にお返しします。

職員が笑顔で患者さんに接することができる職場環境の整備に努め、全職員が協力し笑顔の病院であり続けるように取り組んで行きます。当院に対するご指導ご鞭撻並びにご支援をお願い申し上げます。

新院長就任のご案内

ふれあい鎌倉ホスピタル

院 長 平田 敏樹

略歴

京都大学医学部卒業
京都大学大学院医学研究科修了(医学博士 呼吸器外科)
岸和田市民病院呼吸器科 部長
京都医療センター呼吸器外科 科長
京都大学医学部附属病院呼吸器外科准教授
医療法人医誠会 医誠会病院 副院長、呼吸器センター長
医療法人医誠会 茨木医誠会病院 病院長