診療科・部門

消化器病センター

診療内容・特色

櫻井嘉彦医師[写真]

湘南東部総合病院消化器センターでは、消化器内科医・消化器外科医がチームを組み、全ての消化器疾患に対応します。

上部消化管(食道・胃・十二指腸)疾患、下部消化管(小腸・大腸・直腸・肛門)疾患、肝・胆道・膵疾患の診断と治療を行っています。

消化器センターのスローガンは、

  • 時代に則した、最も安全、確実と言われている診断・治療を患者さまに提供すること
  • 患者さまの疾患に対する十分な理解の上で治療方針を決定すること
  • 治療が迅速になおかつ安全・確実に施行できるようスタッフが常に努力すること

であります。

専門外来

A.肝胆膵外来

肝臓や胆道(胆管・胆嚢)、膵臓の疾患すべてが対象です。次のような症状がある方や他院で病気を指摘された方はお気軽に受診してください。

  • 皮膚や眼球の黄染(黄疸)、腹痛等の症状がある。
  • 発熱や上腹部痛がある。
  • 食欲不振や体のだるさが持続している。
  • 血液検査で肝機能障害を指摘された。
  • 人間ドック、検診などで胆石や胆のうポリープを指摘された。

対象疾患

良性疾患
胆石症、総胆管結石症、膵炎、ウイルス性肝炎・肝硬変など
悪性疾患
原発性肝癌、転移性肝癌、胆のう癌、膵臓癌など上記のような疾患に対して、薬物療法はじめ、外科的治療、放射線治療などにより適切に対応いたします。

B.鼠径ヘルニア外来

1.鼠径ヘルニアとは?

大腿の付け根付近が膨隆する病気です。内臓を包む腹膜という膜が、筋肉などの隙間から袋状に脱出する病気です。

袋状に脱出する臓器は小腸が最も多く、『脱腸』と呼ばれたりもします。基本的には、手術治療でしか治りません。

2.当院での治療法

腹膜鏡下手術(TAPP法、TEP法)を中心に、開腹法(Mesh&Plug法、リヒテンシュタイン法)と多くの術式が可能となっております。

ヘルニアの状況に合わせて最適な術式を選択しています。

C.大腸・肛門外来

1.良性疾患

内痔核、痔瘻、肛門ポリープ、大腸ポリープ、炎症性腸疾患など

2.悪性疾患

大腸癌、直腸癌など

消化器センターの取組み

苦痛の少ない検査・処置

当院では、最新の内視鏡設備(拡大内視鏡等)を導入し、消化器内視鏡専門医が内視鏡検査を行います。必要に応じて、胃や大腸のポリープ・早期癌に対する内視鏡下粘膜切除術を安全に行っています。また、胆管結石に対する砕石や胆管ドレナージ術も内視鏡下に施行します。消化器内視鏡専門医・指導医・消化器病専門医・大腸肛門病専門医・指導医が在籍しています。

腹腔鏡下手術の積極的な取組み

胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術、急性虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術、胃癌や大腸癌に対する腹腔鏡下の胃切除術や結腸切除術を積極的に行い、術後の疼痛軽減や早期社会復帰に良好な結果を得ております。悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術の適応は癌治療ガイドラインを基本として、それぞれの患者さまにとって最適な手術を提供するように日々研鑽しています。消化器外科専門医・指導医、外科専門医・指導医が在籍しています。当院では3D腹腔鏡システムを導入しております。

消化器がんに対する集学的治療の推進

ある程度進行したがんに対しては、手術のみならず、化学療法や放射線治療を併用した集学的治療を積極的に行っています。術前化学・放射線治療や再発予防を目的とした術後の補助化学療法、再発例に対する化学・放射線治療法を適切な計画のもと安全に行っています。外来点滴室における、外来化学療法も行っています。がん治療認定医が在籍しています。

消化器センター関連施設認定

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 慶應義塾大学外科学教室関連施設

主な取扱疾患

消化器の良性疾患・悪性疾患

主な検査・設備・専門外来など

上部消化管(食道・胃・十二指腸)内視鏡検査、下部消化管(大腸)内視鏡検査

上部消化管ビデオスコープ

ビデオスコープ[写真]
オリンパス社製

GIF-HQ290

1台

GIF-H290Z

1台

GIF-H290

1台

GIF-H260Z

2台

GIF-H260J

1台

GIF-H260N

1台

GIF-XP260N

1台

JF-260V

1台

下部消化管ビデオスコープ

CF-HQ290[写真]
オリンパス社製

CF-HQ290I

11台

CF-H260AZI

14台

PCF-240I

11台

オリンパス社製3D腹腔鏡システム

オリンパス社製3D腹腔鏡システム[写真]

担当医師紹介

櫻井嘉彦[写真]
櫻井 嘉彦さくらい よしひこ

副院長

外科部長

専門分野
  • 消化器がん治療
  • 一般外科、鏡視下手術など
資格
  • 医学博士
  • 慶應義塾大学医学部客員准教授(外科学)
  • 日本外科学会指導医・専門医
  • 日本消化器病学会指導医・専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器外科学会指導医・専門医
  • 日本腹部救急医学会腹部救急認定医
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医
  • 臨床研修指導医
資格 消化器・一般外科領域を担当します。当院外科は良好なチーム医療のもと、腹腔鏡手術などの低侵襲手術はもちろん、抗がん剤治療などを用いた集学的治療を行っています。良性疾患(虫垂炎や鼠径ヘルニア、胆石症など)も短期入院手術で対応します。
荒井 勝彦あらい かつひこ

外科科長

資格
  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
  • 消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会専門医・指導医
  • 日本東洋医学会漢方専門医・指導医
医師コメント

クリニック並びに病院の総合診療科外来を担当しております。研修終了後、胃腸疾患を中心とした消化器外科分野において臨床に研究に従事しておりましたが、鍼灸師である父親の影響で鍼灸・漢方などの東洋医学治療にも修練を積み、現在、西洋医学と東洋医学の良さを生かし総合診療に努めております。

平野克治[写真]
平野 克治ひらの かつはる

副院長

肝臓病センター長・内科副部長

資格
  • 日本内科学会総合内科専門医、指導医
  • 日本消化器病学会専門医、指導医
  • 日本肝臓学会専門医、指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
  • インフェクションコントロールドクター(ICD)
  • 臨床研修指導医
  • 湘南東部総合病院内科研修プログラム統括責任者
  • 消化器内視鏡領域専門研修プログラム統括責任者
医師コメント 専門は消化器全般の診断と治療ですが、特に、肝疾患については、ウイルス性肝炎の飲み薬、肝硬変のマネジメント、肝細胞がんの経皮的ラジオ波治療やカテーテル治療や分子標的治療薬の導入、維持を行っています。消化器疾患でお困りの際は気軽にご相談ください。
伊吹 省いぶき しょう

消化器外科医長

資格
  • 日本外科学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医師コメント

専門分野は肝臓、胆管、膵臓領域および肝移植ですが、良性、悪性問わず消化器疾患に幅広く携わっております。
患者様とそのご家族のニーズに合った診療を心掛けております。