診療科・部門

糖尿病センター

診療内容・特色

糖尿病の予防・治療に力をいれており、動脈硬化症に進行させない事を目的としています。生活習慣病センターと連携し、患者様への運動・栄養・服薬指導も行います。

成人に多い糖尿病(2型糖尿病)では、多くの場合無症状で始まります。この無症状の時期に糖尿病を発見することが大事です。(健康診断などで)

糖尿病の症状

糖尿病がひどくなると尿が多くなる、のどが渇く、お腹がすく、体重が減る、疲れやすい、手足のこむらがえり(足がつる)等の症状が出ます。時には意識障害(糖尿病昏睡)となることもあります。

糖尿病が疑われる場合

  • 朝食前の空腹時の血糖値が110mg/dl以上の場合
  • 食後2時間目の血糖値が140mg/dl以上の場合
  • HbA1cが5.6%以上の場合

以上のような場合には、糖尿病の詳しい検査をする必要があります。

診療内容

  • 内科外来で糖尿病専門外来を設置(下表)
  • インスリンにおける外来導入
  • 糖尿病教育入院を実施
  • 糖尿病教室を実施
  • 運動療法(フィットネスふれあい)を実施