医療法人社団公仁会 大和成和病院は、ふれあいグループの病院です。

医療法人社団公仁会 大和成和病院

046-278-3911(電話受付時間/8:30~17:00 [日曜日・祝日・年末年始(12/31~1/3)除く])

患者様向け情報

低侵襲心臓手術センター

手術実績

  2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
僧帽弁 3 14 10 21 16
大動脈弁 3 5 10 8 4
冠動脈 2 1 1 5 0
先天性 1 0 0 1 0

大和成和病院 低侵襲心臓手術センターで行っている代表的な手術

①心臓弁膜症に対するMICS(低侵襲心臓手術)
大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症・狭窄症、三尖弁閉鎖不全症などの病気に対する小切開低侵襲手術

心臓の弁膜症の患者さまにも、小さい傷で行う低侵襲心臓手術(MICS)を行っております。

方法

胸の真ん中の骨(胸骨)を部分的に切開して手術を行う方法(胸骨部分切開法)と、右胸を小さく切開して手術を行う方法(右側開胸法)があります。それぞれに適している疾患があります。

胸骨部分切開法

大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症、僧房弁狭窄症・閉鎖不全症三尖弁閉鎖不全症など

右開胸法

僧房弁狭窄症・閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症・三尖弁閉鎖不全症・心房中隔欠損症など

この手術方法(MICS:低侵襲心臓手術)の良いところは

  • 傷が小さいこと
  • 痛みが少ないこと
  • 回復が早いこと、社会復帰が早いこと
  • 輸血を行う患者さんの割合が少ないこと

などがあげられます。

②MICS CABG(Minimally Invasive Coronary Artery Bypass Grafting)

冠状動脈左前下降枝に対し左内胸動脈を用いて左小開胸でバイパス手術を行います。

方法

左乳房の下に約8cmの切開で手術を行います。人工心肺を使用せず、心臓を動かしたまま血管の縫合を行います。

MICS CABGと循環器内科のカテーテル治療と合わせたハイブリッド治療も行っています。