医療法人社団 さがみ野中央病院は、ふれあいグループの病院です。

医療法人社団 さがみ野中央病院

046-233-5110

(電話受付時間 8:30~16:30 [土曜午後・日・祝・病院指定の休診日除く])

患者様向け情報

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

入院されるときは次のものをご持参のうえ受付窓口にてお手続きください。

対象となるのは、骨折や脳卒中、脊髄を含めた神経損傷などの発症や手術後の患者様、ほかに肺炎治療などにより、安静にしていたことで筋力低下をきたし、リハビリテーションを必要とされる方です。入院期間は医師の指示により決定いたします。

回復期リハビリテーション病棟では、すべての患者様に対して、ご入院からリハビリテーション実施計画を立てます。それを基にご本人とご家族へ、医師をはじめとした看護師・看護助手・理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・医療ソーシャルワーカー(相談員)などがチームとなって話し合いを進めていきます。

患者様に他の疾病の併発が認められた場合は、医師の判断によりリハビリを中断し治療を優先することがあります。その場合、他の医療機関や当院の他病棟へ移動する場合がございますので、予めご了承ください。

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

当院回復期リハビリ病棟は『入院生活全てがリハビリ』という考えです。訓練室でのリハビリのみでは在宅生活を見据えた場合には不十分です。そこでリハビリスタッフ・看護師・介護職等が一丸となって皆様の生活に沿って、あらゆる場面においてご協力させて頂きます。

リハビリは午前・午後に分けて、最大3時間実施致します。

リハビリの回数について

  1. リハビリは、365日休みなく提供させていただきます。
  2. リハビリは患者様の体調やその日の状況に合わせて実施致します。
  3. リハビリ提供回数 : 原則1日2~3回

リハビリの種類について

  • 理学療法(Physical Therapy :PT)

    イメージ画像

    日常生活の中で一人ひとり身体能力が十分に発揮できるように、各身体能力の改善を図りながら、生活上の基本的な動作や歩行の練習を行います。

  • 作業療法(Occupational therapy :OT)

    イメージ画像

    障害によって生活上の問題を抱えている方を対象に、各々の患者様に必要な様々な作業活動を用いたリハビリを行うことによって、生活の改善を図ります。

  • 言語聴覚療法(Speech Therapy :ST)

    イメージ画像

    言葉によるコミュニケーションや嚥下(飲み込み)に問題がある方々に、コミュニケーションをより豊かにする練習・援助や、おいしく安全に食べるための練習を行います。

  • ※患者様の状態にあわせて、医師の指示のもと理学療法・作業療法のいずれか、またはすべてを行います。
  • ※患者様ひとりひとりにリハビリ担当者が付きます。各担当者は入院から退院までを通して関わり、患者様・ご家族様と話し合いながらリハビリ訓練内容を検討し、計画的に進めていきます。