診療科・部門

脳神経外科

診療内容・特色

頭痛、物忘れ外来の他、頭に異変を感じたら、先ずは遠慮なくご相談下さい。

担当医師紹介

岡村 大成おかむら ひろなり
非常勤
資格
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
医師コメント

何となく活気がない、動作が鈍いなどで受診され、頭部CTやMRIで多発性脳梗塞(無症候性)が見つかり、そこから脳梗塞再発予防とパーキンソン症状の治療が始まることも少なくありません。精神活動の低下は認知症へと発展していく可能性を秘め、運動歩行障害のために転倒、骨折を合併したり、交通事故に遭遇する危険性もあります。

薬剤が身体に合えばADL(日常生活動作能力)がぐっと改善され、表情や会話も豊かとなり、ご本人のQOL(生活の質)はもちろん、介助者の負担軽減が期待できる疾患です。

同様の症状にお心当たりの方はぜひ、受診をご検討ください。