診療科・部門

放射線科

理念

地域に密着した患者さまに優しい病院であること

基本方針

  • 安心して安全に検査が受けられるように努めます。
  • 常に技術向上に努めます。
  • 常に患者様の利益のために学習します。
  • 常に他部門と連携をとり最善迅速に行動するよう努めます。

検査内容

<MRI検査装置>1.5T

MRI 1.5T
次の症状がある場合、検査対象になります。
  • 頭痛、吐き気
  • 呂律が回らない、言葉が出づらい
  • 手足に力が入らない、手足の痺れ
  • 耳鳴り、物忘れ

<CT検査装置>マルチスライス(16列)

CT マルチスライス(16列)
体内の様々な病巣を発見することができ、主に心臓
  • 大動脈・胸部 (気管支、肺)・腹部 (肝臓、腎臓)の病変の診断に有効とされています。

<X線TV装置>

単純X線[写真]
単純X線検査
X線TV装置
バリウムなどの造影剤と発泡剤(胃を膨らませる)を飲み、食道・胃や十二指腸等の動き、粘膜の状態を観察して、がん・潰瘍・ポリープ等が無いかを調べます。 肛門から大腸にバリウムなどの造影剤を注入して撮影を行う検査です。 大腸がん・ポリープ・大腸炎等、大腸の様々な病気を診断することができます。

<超音波診断装置>

超音波診断装置(心臓・腹部) 
【心臓】
心臓の大きさや動き、弁の状態や血液の流れ等を観察し、ポンプが正常に働いているかどうかを判断する検査です。心筋梗塞や心臓肥大、弁膜症、先天性疾患等がわかります。 又、治療方法の選択、治療効果の判定等にも役立ちます。
【腹部】
腹部エコー検査でわかる病気。
胃・肝臓・腎臓・膵臓・脾臓・胆嚢等、各臓器の病気、脂肪肝・胆嚢ポリープ・胆石・腎嚢胞・腎結石・尿管結石・前立腺肥大等がわかります。 大きさ・形・血流についても情報が得られます。
超音波診断装置[写真]
超音波診断装置

<超音波踵骨測定装置>

骨塩定量装置[写真]
骨塩定量検査
超音波踵骨測定装置
かかとの骨(踵骨)に超音波を当て骨密度を測定する方法です。 踵骨の中を超音波が透 過する際の速度や量から数値を出します。 X線を使用しないので妊娠中の方も検査できます。

地域の開業医の先生へ

画像診断は院内他科からのご依頼のみではなく、相談室を通じて近隣の開業医の先生からの検査依頼もお受けしています。

検査申し込みについてはこちら