医療法人社団康心会 湘南東部総合病院

血液内科

スタッフ紹介

  • 森田 公夫
  • 藤原 裕介

当院の特徴

近隣地域から当科を受診される患者さんは高齢者が多いため、「白血球系疾患・血漿蛋白異常症」の疾患群では、骨髄異形成症候群 (MDS)・非ホジキンリンパ腫・多発性骨髄腫などの患者さんを多く診療しております。また、「赤血球系疾患群」の出血性貧血、鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血、二次性貧血は、日常よく扱っておりますし、「出血・血栓性疾患群」の特発性血小板減少性紫斑病(ITP)やDICの患者さんも多いです。造血幹細胞移植の必要な患者さんについては、速やかに移植専門施設へご紹介しております。

当科は無菌病室4床を有し、急性白血病の寛解導入時、骨髄異形成症候群の血球減少時、非ホジキンリンパ腫治療後の骨髄抑制時などに患者さんに入室してもらっております。MDSなどに合併する発熱性好中球減少症 (FN) の発症も多く、その管理の仕方を学べます。

血液内科で行う手技である骨髄穿刺・骨髄生検・MTXなどの髄液注射についても研修できます。G-bandingやFISH法による染色体検査や、Flow cytometryによる表面マーカー検査の解釈の仕方についても指導します。スタッフは2名とも血液内科専門医であり、指導に関しても問題ありません。

専攻医へのメッセージ

血液内科では、将来、どの内科サブスペシャリティーを専攻しても役立つような知識である、「赤血球や血小板輸血の仕方」、「DICの管理」、「日和見感染症の治療」などを研修できます。また、非ホジキンリンパ腫や多発性骨髄腫などの治療を経験し「がん薬物療法の副作用と支持療法」が研修できます。さらに、「オンコロジーエマージェンシー」である腫瘍崩壊症候群や高カルシウム血症などの対処法も学べます。