診療科・部門

脳神経内科

関連ページ

診療内容・特色

神経内科は、脳血管障害を主とした神経救急、パーキンソン病や筋委縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症などの神経難病、多発性硬化症、重症筋無力症などの神経免疫疾患ばかりでなく、認知症、頭痛、めまい、てんかんなど多岐にわたる疾患の診療科です。特に濃淡なく神経内科全般にわたり診療します。また、顔面けいれんや斜頚、上肢・下肢痙縮に対してのボツリヌス療法も行っています。

担当医師紹介

小山主夫[写真]
小山 主夫こやま かずお

神経内科部長

資格
  • 日本神経学会指導医・専門医
  • 日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 難病指定医
  • 15条指定医
  • 臨床研修指導医
医師コメント

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気を内科的にみる科です。脳や脊髄、神経、筋肉の機能障害によって多彩な症状がみられますがその原因は様々です。それら全般を診療できると自負しております。

久保 紳一郎くぼ しんいちろう
医師コメント 症状を良く聞き、正確な診断に基づく適切な治療を心がけています。パーキンソン病の専門外来および脳神経内科疾患全般の外来診療を行っています。