診療科・部門

整形外科(脊椎内視鏡)

脊椎の治療について

脊椎(せきつい、せぼね)は円柱状の骨(椎体)がレンガのように積み重なってできています。椎体と椎体の間には椎間板という軟骨があり脊椎を支えるクッションの役割をしています。脊椎は体を支える柱としての役割の他に、脊柱管という骨のトンネルのような構造をもっていて、その中に脊髄、または馬尾神経という大切な神経が入っています。椎間板が脊柱管の方に突出するなどの理由により、馬尾神経に圧迫などの刺激が加わると腰や足に痛み、しびれ、場合によっては運動、感覚の麻痺をきたします。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は常に体重を受けているため、何かの拍子につぶれて周りに大きく広がることがあります。その広がった部分が神経にぶつかるとお尻や足の痛みが出ることがあり、この状態を椎間板ヘルニアと言います。(図1)

椎間板ヘルニアによる症状は自然に警戒することもありますが、足の麻痺がある場合や、痛みが非常に強い場合、薬物治療などの保存治療にて痛みが治まらない場合は手術を行います。最終的に軽い痛みやしびれが残ることがありますが、多くの患者さんで痛みが軽減しています。

図1

[イメージ]

椎間板ヘルニアと違い比較的にご高齢の方に多い病気です。椎間板だけでなく背骨の変形、靭帯などが大きくなったり厚みが出てきたりすることにより、脊柱管が狭くなり、その中を通っている神経が圧迫されると腰や足の痛みが生じます。(図2)

図2

[イメージ]

手術について

手術の適応

痛みが激しい場合でも急性期には、まずお薬などで対処する保存療法で対応することが原則です。安静、薬物治療などで症状が改善しない場合に手術を検討します。ただし、足の麻痺や排尿障害がある場合は早めに手術を検討する必要があります。(図1)

手術の方法

腰椎椎間板ヘルニア対する手術は、ほぼ前例PELD法(※1)を選択します。

(※1)PELD法:経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術または完全内視鏡下腰椎間板ヘルニア摘出術

腰部脊柱管狭窄症につきましてはMED法(※2)で使用する機材を用いて手術を行うMEL法(※3)という内視鏡手術を第1洗濯としていますが、近年新しい脊椎内視鏡の開発に伴い、腰部脊柱管狭窄症に対してもPEL法(※4)というPELD法と同等な低侵襲手術が可能となっています。

(※2)MED法:内視鏡補助下腰痛椎間板ヘルニア摘出術

(※3)MEL法:内視鏡下腰椎椎弓切除術

(※4)PEL法:経皮的内視鏡下腰椎椎弓切除術

体への負担が少ない低侵襲な手術

①腰椎椎間板ヘルニアに対するPELD法

PELD法は局所麻酔または全身麻酔下に約8mmの皮膚切開で腰椎椎間板ヘルニアを摘出できる低侵襲手術です。手術時間は60分前後で、入院期間は3日~4日で日帰り手術も可能。手術総部の疼痛も少なく、退院翌日から職場復帰可能です。

28歳 男性の症例

L4/5の強大な腰椎椎間板ヘルニアを原因とする耐え難い両下肢痛を認め (図3)、局所麻酔下でPELD法にて手術を実施。手術時間は60分で手術の傷は約8mm程度です。患者さんは手術中も意識がある為、ヘルニア摘出直後から下肢痛が軽減したことを自覚されました。入院期間は4日で退院翌日から社会復帰されました。

図3

[イメージ]

②腰部脊柱管狭窄症に対するMEL法

手術時間は1椎間当たり90分前後です。入院期間は1週間前後で退院翌日から社会復帰可能です。

78歳 男性の症例

腰部脊柱管狭窄症に対してMEL法を施行しました・(図4)

入院期間は1週間。手術時間は80分で手術翌日から歩行開始しました。

図4

[イメージ]

手術に関する注意点

  • ○術前の腰椎の状態を評価するため、X線、MRI、CT、アンケート評価を行います。
  • ○手術前に手術の方法、危険性、手術治療の効果の予測などを説明し、手術同意書を提出していただきます。その際、本人以外に最低1名の立ち合いが必要です。(ご家族またはそれに準ずる方)
  • ○万が一のために輸血の同意書を提出していただきます。
  • ○腰椎の手術は完全に症状が取れる治療ではありませんが、多くの方で症状が改善します。疾患によっては改善が見込めない(信仰予防のための手術)場合もあります。
  • ○合併症や再発防止のために手術後も医師の指示を守って頂く必要があります。

手術の合併症

  • ○麻酔に伴うこと
  • ○深部静脈血栓(血管の中で血液が凝固する)、肺塞栓症)
  • ○感染
  • ○使用する薬剤のアレルギーなど
  • ○椎弓切除後の脊椎の不安定性の出現、脊椎固定術後のインプラントの折損や脱転
  • ○その他、術中術後の予測不可能な出来事に対して、追加治療が必要となる場合があります。

車の運転について

  • ○退院後は生活上必要であれは車の運転はしても結構です。術後3カ月程度までは不必要に長時間の車の運転や車に同乗することは避けてください。
  • ○車の乗り降りの際は腰をひねらないように注意してください。
  • ○術後3カ月以降は車の運転を制限する必要はありません。

やってはいけない動作について(図5)

  • ○腰を曲げる動作(床から物を持ち上げる動作など)と腰をひねる動作は危険ですのでお控えください
  • ○散歩などでゆっくり歩くことは痛みが出現しなければ制限の必要はありません。ただし重いもの(5kg以上)を持って歩くことはお控えください。
  • ○上記の動作は術後3カ月後くらいから少しずつ行って結構です。しかしいずれの動作も腰に悪い動作ですので、なるべくお控えください。
[イメージ]

入浴について(図6)

  • ○傷が乾いていれば入浴可能です。当初はシャワー浴が安全です。まず、浴室内で椅子に座るか、立った状態でコルセットを外してください。コルセットを外したら腰の前屈ひねりの動作は行わないでください。下半身は腰を曲げずに手やブラシの届く範囲だけ洗い、あとはシャワーで流してください。そしてなるべく腰をひねらずにからだを拭いて、服を着替え、コルセットを装着してください。
  • ○最初の入浴は看護師の指導を受けてください。
  • ○退院後は時々ご家族に傷の状態を確認してもらってください。
[イメージ]

たばこ・アルコールについて

  • ○骨の治りや椎間板の修復に悪影響がある為、たばこは中止するのが望ましいです。
  • ○腰椎小手術を行った方はたばこを必ず辞めてください骨の治りが悪くなり、将来症状が悪化することがあります。
  • ○アルコールは少量なら結構です。術後1カ月程度は中止していただき、そのあとは少しずつ飲まれて結構です。
  • ○大量のアルコールは泥酔して転倒したり、無理な姿勢をしたりする可能性がありますので、やめてください。

マッサージについて

  • ○術後3カ月くらいまではあまり行わないようにしてください。
  • ○術後3カ月以降は軽いマッサージを受ける事は問題ありません。激しいマッサージ(腰を強く押したり、からだをひねったりするもの)や手術の傷を刺激するようなマッサージは避けてください。

スポーツ復帰について

  • ○術後3カ月から軽い運動は許可します。ジョギングなどはいいと思います。
  • ○激しいスポーツへの復帰は考えておりますが、場合により許可をしています。ただし、感染復帰までには術後6か月程度待っていただくこと、健診時に医師の許可を得るようにして下さい。

術後の通院について

  • ○術後1カ月、3カ月、6か月、1年、2年時に定期的に検診します。適宜X線、MRI、CT撮影を行います。
  • ○薬が必要な方などは定期健診以外でも適宜来院していただくことがあります。
  • ○術後2年以降も可能であれば検診を受け続けることをおすすめします。

術後の生活について

  • ○腰椎の手術後は再発(椎間板ヘルニアなど)や挿入したインプラントに関連したトラブルなどの可能性があります。しかし過度に心配してからだを動かさないことやふあんなきもちになることは回復にマイナスに働くことがあります。特に腰痛やしびれの症状は多少なりとも残存することがありますが前向きな気持ちで少しずつ社会復帰していくことが症状改善のプラスになることがあります。

担当医師紹介

丸岡誉[写真]
船戸 貴宏ふなと たかひろ
学歴

弘前大学医学部医学科(平成10年卒業)

群馬大学医学部大学院大学 リハビリテーション医学専攻

専門

整形外科、脊椎外科

資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会脊髄病医
  • 日本整形外科学会リウマチ医
  • 日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術技術認定医
  • 日本脊椎脊髄病学学会指導医
  • 日本専門医機構 脊椎脊髄外科専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 医学博士
医師コメント

主に、脊椎外科疾患を担当させていただきます。現在、医療技術の進歩により、多くの脊椎疾患は、内視鏡下手術で手術可能となっております。内視鏡手術は、体に負担のかからない低侵襲手術です。脊椎外科領域の最新治療の1つです。私は、脊椎内視鏡の技術を用いて、皆様の健康維持に貢献したいとおもいます。

代表的な脊椎疾患は、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症です。

腰椎椎間板ヘルニアに関しては、いかなるタイプの腰椎椎間ヘルニアであっても、完全内視鏡下手術(Full Endoscopic Spine Surgery 旧PELD法)で手術可能です。手術に関する入院期間は、平均3日間位です。腰部脊柱管狭窄症に関しては、可能な限り鏡視下手術で対応します。入院期間は、平均3日間から7日間です。その他も、頚椎から腰椎に至る様々な脊椎疾患に対して対応可能となっております。