ホーム便りHome letter

避難訓練をおこないました

日に日に乾いた風が吹いてくるようになり心地良い反面、火災が発生しやすい季節にもなってきました。

9月に入り当ホームでも恒例の避難訓練をおこないました。

今回は休憩室の電子レンジから出火したという想定です。

火災発見から消火活動、入居者様へのアナウンス、避難誘導など、職員の役割を前回と入れ替え、なるべく全職員がすべての役割をこなせるように取組んでおります。

火災発見から入居者様の避難完了まで約10分。

『避難完了しました!』という報告で無事終了です。

最後に付けくわえますと、当ホームは難燃素材を使用しており、火災の場合でも火が燃え広がることは考えにくい造りで、各居室、共用部にスプリンクラーが設置されております。

また火災発生時には自動火災報知機が感知し、自動的に消防署に連絡が入ります。

その他、非常時用の食料、水の備蓄、非常時用トイレがあります。

ことしは東日本大震災から10年。

いつどこで自然災害がおこってもおかしくない日本では、日頃の準備と備えが重要です。

皆さまもこの機会に災害への備えをチェックしてみてください!

風景写真
風景写真
風景写真
風景写真
風景写真
風景写真
風景写真
風景写真