大冒険でした(>:<!!!

※ 内容に伴い今回は写真がありません。ごめんなさい。

鶴嶺地区のコミセン祭りに入居者有志4名が遊びに行きました。
どの方についても生活上なんらかの介護・介助が必要な方々です。

本来であれば施設職員の付添が必要であろう事柄ですが、申し出を受けたのは(実際には申し出ではなく夕食前の井戸端会議を偶然耳にしたのですが・・・)前日夕刻で翌日の職員を割り振る事も叶わず。
本来であれば外出を止めて然るべき状況なのですが・・・。

施設の中で日々運動を頑張られている各々の姿を思い返すと「止めてばかりで良いのだろうか」という想いも頭の中をよぎります。
施設職員が付き添えない中でベストな方法はないものだろうか。
恐る恐る、当該の入居者様ご家族にお電話を差し上げて相談をしてみると・・・皆様一定のリスクを理解しつつ「了解しました」とのお答え。

細かな段取りはここには書けないのですが、いくつかの決まりごとを有志の皆様と約束をして、元気にお出かけを楽しんで最高の笑顔をお土産にして施設へ無事に帰ってきました!!

お祭りの現場でそれとなく安否を気遣って頂いた包括支援センターの皆様、地域の多くの友人知人の皆様、外出了解の快諾を頂いたご家族の皆様、送り出しに関わってくれた職員の皆さん、本当にありがとうございました。
なによりも皆様のご協力を得て有志の皆様に楽しいひと時を提供する事が叶いました。

今日も午後から当所では個別機能訓練が予定されています。
大冒険の噂は瞬く間に施設内を駆け巡り・・・他の方々に大きなモチベーションを与えつつあるようです。

責任とリスクと入居者のお気持ち。
また、いつか皆様のご協力を得ながら機会を持てれば幸いです。

Close