お知らせ一覧INFORMATION

お知らせ

骨密度検査について

元気で歩ける身体を保つために

あなたの骨は大丈夫?

人間は年を重ねることで様々な組織が変化します。これは骨にも言えることで、年齢と共に脆くなってしまうのです。この状態が続き、症状が悪化すると骨粗鬆症という病気になり、日常生活に支障が出てきます。

しかし、骨粗鬆症は予防が可能な病気です。

骨密度測定装置(DEXA法)にて、骨の健康状態を知りましょう。

骨粗鬆症とは、カルシウム不足などにより骨の密度が減少し、骨が折れやすくなる病気です。

高齢者で、腰が曲がったり、背が縮んだりしている方をよくみかけますがこれも原因は骨粗鬆症からきているのです。

検査をお勧めする方

  • 65歳以上の女性、・70歳以上の男性、
  • これまでに転倒などの軽い衝撃により骨折を起こしたことのある方
  • お酒を飲み過ぎている方 (毎日 ビール 350ml缶 3本以上 または 日本酒 2合以上)
  • 骨粗鬆症をきたす病気(関節リウマチ)にかかっている方や、ステロイド剤などを投与されている方
  • 低骨量を呈する疾患(甲状腺疾患、糖尿病、慢性腎臓病、肝疾患など)
  • 慢性的な栄養失調あるいは吸収不良の方
  • 運動不足の方
  • 痩せすぎてる方

*下記の図は、年齢における骨密度の変化の様子の図となります

[図]

当施設での骨密度の検査はこちらになります

骨密度検査DEXA法 骨密度を測定し、骨粗鬆症の診断をします。

4,400円

オプション項目はこちらになります

検査結果について

骨密度の検査結果について紹介させていただきたいと思います。

まず、図1のにおけるグラフは、左のグラフが背骨(腰椎)の結果になります。

それぞれのグラフ内における、

  • 緑色あるいは黄緑色のところは正常範囲、

  • 黄色あるいは橙色のところは骨量減少をあらわす範囲、

  • 赤色のところは骨粗鬆症の疑いが十分にあるため医師の診察をお勧めいたします。

[図]