医療法人社団康心会 茅ヶ崎中央病院は、ふれあいグループの病院です。

医療法人社団康心会 茅ヶ崎中央病院

0467-86-6530(電話受付時間/8:30~17:00 [日曜日・祝日・年末年始(12/31~1/3)除く])

お知らせ

お知らせ

当院整形外科の東山礼治医師が考案した、新しい足首の内側の靭帯を治す手術手技(ARATTL)がビデオ付きの英語論文に掲載されました。

前脛距靭帯ATTLを治す手術(再建術)です。インターネットで調べた範囲では世界初の報告となります。どなたでもご覧になれますので、以下のサイトからアクセスして下さい。

個人情報を省いておりますが、実際の手術動画ですので苦手な方は文章だけをご覧下さい。

https://www.arthroscopytechniques.org/article/S2212-6287(20)30004-9/fulltext

「足首の捻挫は、うち返し捻挫が有名ですが、そと返し捻挫や外旋(がいせん)捻挫も起こります。サッカーなどでスネの外側からタックルを受けて倒れたとき、ラグビーのスクラムで崩れたとき、スキー板をはいた状態で外側に板がねじれたとき、ぬかるんだ斜面を斜めに上がっている時につま先が外側にすべったときなどです。また、足首の外側の靭帯がゆるくなっている人は、内側も徐々にゆるんでくることも言われております。

足首が不安定な人に手術をする場合、つい外側の靭帯ばかりが注目されますが、内側の不安定性(ゆるさ)も忘れてはいけません。これまで内側の靭帯を治す手術方法は大きな傷口を用いた方法(観血的手術)が一般的でした。小さい傷で可能な内視鏡手術も、切れて弱った靭帯を縫い寄せる修復術だけが報告されておりました。しかし、足首の内側靭帯(三角靭帯とも呼ぶ)は皆さん同じではありません。前脛距靭帯ATTLは63%の人に存在すると言われており、全ての人に存在する靭帯ではありませんので、実は縫い寄せる修復術がそもそも不可能なことがあります。

このARATTLという手術は、内視鏡(関節鏡)で前脛距靭帯ATTLを再建しますので、修復術より強いだけでなく、少しの小さい傷で可能です。外側の靭帯の手術に追加する場合は、内くるぶしのすぐ下の位置に、たった1cmの傷を1つ追加するだけで可能になります(ビデオ参照)。これにより、足首の内側の前方がとても安定し、そと返しや外旋に強い足首になります。ARATTL(アラトル)とは Arthroscopic Reconstruction of ATTL(前脛距靭帯)の略ですが、「A:~ない」「RATTLE:ガタガタする」を合わせて、「ARATTL = ガタガタいわない」足首に治したいという発想・想いから名付けました。

スポーツの盛んな湘南、茅ヶ崎エリアだけでなく、世界には多くの患者様が捻挫の後遺症で苦しんでおります。海外の医師や患者様に知って頂くことで、少しでも皆様のお役に立てればと考えております。日本語論文では無料で皆様がご覧になれるものがないため英語であることをご容赦下さい。

名誉なことに、2020年7月にイギリスから発表された総論論文で、未来形の(最新の)足関節鏡手術として、この手術方法(鏡視下ATTL再建術, ARATTL)が引用され紹介されました。
https://jassm.org/recent-advances-and-future-trends-in-foot-and-ankle-arthroscopy/ こちらの62番目の引用論文が東山医師の術式です。

なお、東山医師考案の他の手術方法も、当院のお知らせコーナーに紹介されておりますのでご参照ください。

東山医師は2020年4月より茅ヶ崎中央病院で診療を開始しております。

担当医師紹介

東山礼治[写真]
東山 礼治ひがしやま れいじ
資格・提携
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本スポーツ協会認定スポーツドクター
  • U17男子サッカー日本代表チームドクター 2006
  • 女子サッカー 清水第八プレアデス チームドクター 2009-2010
  • Fリーグ ペスカドーラ町田チームドクター 2011~2019
  • カルペソール湘南スポーツクラブ 2019~
  • 乃羽バレエスクール 2019~
医師コメント

世界初の足首の鏡視下靭帯再建術を複数報告しております。最新で安全な手術で皆様の足首を治療させてください。
膝関節鏡も得意です。前十字靭帯、前外側靭帯(ALL)の再建術で不安なく復帰へ導きます。半月板はなるべく修復して温存し、軟骨を守ります。