職員からのメッセージ

3A回復期リハビリテーション病棟[写真]

【3A回復期リハビリテーション病棟】

看護師

大竹 洋平 さん

(平成28年4月1日入職)

(スタッフからのメッセージ)
3階病棟に配属となり1年が経ちました。 回復期リハビリ病棟の大きな特徴は、病気や怪我などで御入院されている患者様が日常生活機能の向上を個々のペースで目指し、リハビリや日常生活の支援をさせて頂く中で、回復過程を身近で感じられることです。その関わりの中で自分自身も学び、知識を深め、成長できていると日々実感しています。 困った時には頼りになる先輩、素直で元気な後輩にも恵まれ、何より笑顔の絶えない明るい職場です。 病院は環境整備が行き届き綺麗で、患者様にはもちろん、私たち職員の働く環境も整っています。 勤務調整も考慮して頂けるため、仕事もプライベートも充実させることが出来ています。 皆さん、是非一緒に働いてみませんか?スタッフ一同お待ちしております。
(3A回復期リハビリテーション病棟 新人看護師一同)
入職して約半年が経ちました。始めは不安でいっぱいで戸惑うことが多かったですが、先輩方が丁寧に指導して下さり、精神的にとても助けられています。3A病棟は優しい先輩ばかりで病棟の雰囲気も良く、恵まれた環境です。私たちも先輩方の様な素敵な看護師になれるように日々頑張っていきます。
3B回復期リハビリテーション病棟[写真]

【3B回復期リハビリテーション病棟】

看護師

小山 萌実 さん

(平成28年4月1日入職)

(スタッフからのメッセージ)

看護師になり、初めての配属が3階回復期リハビリテーション病棟でした。当初は緊張と不安でいっぱいでしたが、先輩方が優しく接して下さり、今では安心して働くことが出来ます。グループ内での研修も盛んで、特に新人教育プログラムでは段階を踏んだ予定が組まれているため、知識や技術を一つ一つ着実に身に付けられます。プリセプターの方々は色々な相談に乗って下さり、丁寧に指導をして頂けるので、学びも多く充実した日々を送っています。

回復期リハビリテーション病棟では、整形・脳血管疾患を中心とした患者さまが、リハビリに専念出来るような個別の看護ケアを行っています。病状にもよりますが、平均して約3ヶ月~6ヶ月前後の期間、患者さまに関わる事ができ、元気に退院される方々を見るたびにやりがいを感じています。

病院は新しく綺麗で、患者さまからは「ホテルのような病院」「温かみのある病院」とお褒めの言葉を頂きます。患者さまにとってはもちろん、私たちにとっても働きやすい職場で、設備も整っていると思います。勤務調整も可能な限り考慮してもらえるため、仕事もプライベートもたいへん充実しています。

入退院も多く多忙な毎日ですが、知識・技術だけでなく、看護師にとって大切な「看護観」を身に付けることができる環境だと思います。皆さん、是非一緒に働きませんか?スタッフ一同、心よりお待ちしております。

5階医療療養病棟職員[写真]

【5階医療療養病棟】】

看護師

石田 圭美 さん

(平成28年4月1日入職)

(スタッフからのメッセージ)
私は看護学校卒業後、初めての就職先がふれあい鶴見ホスピタルで、ここ5階病棟に配属されました。 5階病棟は療養病棟です。今年で2年目になりましたが、長期入院の患者様をサポートする看護を行うため、未だ毎日試行錯誤しています。 特に人工呼吸器装着患者様も多く、呼吸器について日々勉強していますが、毎日の気づきから安楽につながる呼吸ケアができるようにチームで検討し、検討したことを実践できたとき、試行錯誤の毎日ながらとても楽しくやりがいを感じています。 一年目のときは看護師として分からないことが多く、自分の責任の重さを実感し、不安になることもありましたが、プリセプターをはじめとした心強い先輩方がサポートしてくれました。 分からない事や、行き詰っている時にはいつでも気軽に相談に乗ってくれる先輩方が居てくれ、毎日充実した日々を送っています。
5階医療療養病棟職員[写真]

【5階医療療養病棟】

准看護師

杉本 翔 さん

(平成29年4月1日入職)

(スタッフからのメッセージ)
卒業して5階病棟に配属され、5ヶ月が経ちました。
療養病棟では人工呼吸器装着している患者様、難病疾患の患者様たちが長期入院されています。
5階病棟では「受け止めよう。患者様の心の声を大きな心と優しさで!」を掲げ、患者様とご家族との関わりをとおし、その人らしく生きる支援をさせて頂いてます。
この職場では、とても頼りになる優しい先輩方がいて、相談もしやすく、また適切な指導をしてくださいます。また、施設も新しくきれいな環境でとても働きやすいと感じてます。このような職場環境で自身の学びが深まり成長できると思います。
ぜひ一緒にお仕事、しませんか?