看護部長の挨拶

牛島 品子看護部長

平成29年4月に新しく回復期リハの病棟48床をオープンしました。これにより回復期リハは2看護単位102床となり、病院の病床数は162床から210床になりました。また、7月からは特殊疾患病棟を療養病棟へ機能変更し、職員一同新たな気持ちで看護に励んでいます。

「人を尊び、命を尊び、個を敬愛す」の理念のもと、患者様一人一人のニーズを充足させると共に患者様に添う看護の実践を心がけ、回復リハ、透析看護、人工呼吸器装着時の看護など専門性の高い看護を追求しています。ぜひ、当院で一緒に看護を行っていきませんか。