入院のご案内

◆当病院は、保険医療機関の指定を受けています。

◆許可病床数は、210床です。(3階・4階・5階病棟)

◆当病院の施設基準は次のとおりとなっております。

  • 「医療療養病棟」          (5階病棟  54床)
  • 「障害者病棟」             (4階病棟  54床)
  • 「回復期リハビリテーション病棟」 (3階A病棟  54床  3階B病棟  48床)

◆当病院の基本診療料の届出一覧は次のとおりとなっております。(平成29年12月1日現在)

  • 回復期リハビリテーション病棟入院料
  • 障害者施設等入院基本料4(13対1)
  • 療養病棟入院基本料2
  • 特殊疾患入院施設管理加算
  • 療養環境加算
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 退院支援加算
  • 後発医薬品使用体制加算2
  • 認知症ケア加算2
  • 看護補助加算2
  • 感染防止対策加算2
  • 救急搬送患者地域連携受入加算

◆当病院の特掲診療料の届出一覧は次のとおりとなっております。(平成29年12月1日現在)

  • 地域連携診療計画退院時指導料(Ⅱ)
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 検体検査管理加算(Ⅰ)
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 神経学的検査
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 透析液水質確保加算1
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • がん治療連携指導料
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術(胃瘻造設術)
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 酸素の購入価格の届出

◆人工透析

  • 外来・入院いずれの透析患者様も受付けております。
  • 無料送迎や無料で食事のサービスを行っています。(送迎範囲 応相談)
  • 長期療養希望の患者様やショートステイ希望の患者様も受け付けております。
  • 車椅子にて、透析を患っている患者様も受付けております。
  • 旅行による一時的な透析も受付けております。

入院の申し込みについて

ソーシャルワーカーへ電話連絡の上、ご相談下さい。 ご相談により入院の可否が決まります。ご相談時には下記の書類が必要となります。

  • 主治医の先生の紹介状(各病院書式のもの)
  • ADL表(当院書式のもの)
入院までの流れ[図]
  • ※入院日調整はベッドの都合によりお待たせすることがあります。
医療相談室のお問い合わせ
ふれあい鶴見ホスピタル 医療相談室
TEL:045‐586‐1733(直通)
E-mail:tsurumi-msw@fureai-g.or.jp

入院の流れ

(1)お電話にてご相談ください
(ご病状などご本人様について、お伺いさせていただきます)

(ご相談部署)

医療社会サービス部 : 045-586-1733 (直通)

(不在の場合は、045-586-1717(代表)へお掛け下さい)

(2)「診療情報提供書」・「日常生活動作能力票」をお送りいただきます。
  • 感染症の確認をさせていただくこともあります。
  • 透析の方は、透析条件などの確認をさせていただきます。
    ※ 入院直前に再度最新状況の提供書を依頼させていただく場合もございます。
【提出していただく書類】
  1. 1)「診療情報提供書」(書式自由)
  2. 2)「日常生活動作能力票」(当院指定書式)
(3)入院判定会
  • 書類が揃い次第、入院判定会にて入院の可否を検討し、結果をお電話にてご連絡いたします。
(4)入院相談
  • 事前にご連絡をお願いします。(ご希望される方のみ)
  • 面談の内容・・・院内の見学・概要説明・ご本人様について、また患者様からのご希望などをお伺いいたします。
    (保険証の確認をさせていただきます)
(5)入院日程が決まりましたら、こちらからご連絡いたします。
  • 待機となった場合は、再度入院前にご病状・ADL 等の確認をさせていただきます。

~入院の詳細については下記「入院のご案内」をご覧ください~

患者様・ご家族様へのお知らせ

ご面会時間(スタッフステーションの面会簿にご記入の上、ご面会をお願いします)

(曜日) (ご面会時間)
月曜~金曜 15:00~ 20:00
土曜 13:00 ~20:00
日曜~祝日 10:00 ~20:00
  • ※ご面会者は面会簿にご記入後、面会許可プレートを付けていただくようお願いします。
  • 患者様の状態によっては、面会の制限をお願いすることがございます。
  • 感染予防のため、入室前に手洗い等をお願いいたします。

PDF形式ファイルについて
PDF形式ファイルをご覧になるためには、Adobe Reader(旧:Adobe Acrobat Reader)が必要です(無料)。 ご使用のパソコンにインストールされていない場合には、「Get Adobe Reader」のボタンをクリックして、ダウンロードしてください。

Get Adobe Reader