後期研修医制度

後期研修医の声

後期研修医 5年目 徳田先生
どうして当院にて後期研修をすることにしましたか?
初期研修時の当院の雰囲気がよかった。特に看護師や技師と会話がしやすくコミュニケーションがとりやすかったので。
現在している仕事はどんなことですか?
平日…
入院患者の病棟での管理と透析センターでの外来業務
当直帯…
内科当直として内科直来、救急搬送患者の診察や病棟患者の急変対応
休日…
祝日は透析センターの当番
内科認定医取得は可能ですか?
可能です
専門領域の研修はどうですか?
指導医に相談しながらですが一般的な透析患者、入院患者の指示、方針は自分で決めて診療にあたれるようになってきていると思います。 まだまだ判断に迷うことも多いですが少しずつ身に付けていければと思います。
今後の抱負を
まず内科認定医、その後に透析専門医、腎臓学会専門医などの資格を目指しています。 患者さんのことを考えた医療を基本として成長していけたらと思います。
後期研修医 2年目 金子先生
どうして当院にて後期研修をすることにしましたか?
内視鏡検査数が多く、数多く検査を経験できること。 270床規模の病院ということでアットホームな雰囲気で科の隔たりなく
現在している仕事はどんなことですか?
平日…

消化器内科外来2日、3コマ/週

救急内科当番が1コマ、他は内視鏡検査、病棟業務、10人前後の主治医となっております。

当直帯…
内科当直を月2~3回、多い時で4回/月
休日…
飲み会や登山に行ったり読書や映画鑑賞などゆっくり過ごせています。
内科認定医取得は可能ですか?
症例は集まっていますがレポート作成がまだ終わっていません。
専門領域の研修はどうですか?
一年半の間でGF(1329件)、CF(292件)、PEG造設(42件)、ERCP、イレウス管挿入など手技を幅広く経験できています。 また大腸がんの化学療法や緩和ケアまで主治医として研修させていただいております。
今後の抱負を
内科認定医、消化器内視鏡学会認定医、消化器病学会認定医の取得を目指しています。