後期研修医制度

消化器科

指導責任者:平野 克治

目的

消化器専門医としての知識や技能を上部・下部消化管疾患、肝臓、胆嚢、膵臓疾患全般にわたり習得する。

消化管内視鏡・透視検査、腹部CT、MRI、腹部血管造影検査などの画像診断、内視鏡、超音波下、IVR下の治療手技を修得する。

そして、消化器癌、消化器炎症性疾患に対して診断、治療ができるようになる。

また、内科学会や消化器関連学会、研究会などでの発表を行い、日本内科学会認定医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医の取得を目指す。

研修内容

  • 上部、下部消化管内視鏡検査、逆行性膵胆管造影検査、腹部血管造影検査、腹部超音波検査、肝生検などの検査ができる。
  • EMR、ESD、ポリペク、PEG造設、内視鏡的止血術、内視鏡的胆石採石術などの内視鏡的処置、超音波下の穿刺ドレナージ治療、経動脈的カテーテル治療などが行える。
  • 消化器癌の診断から外科・放射線科への紹介、切除不能・再発癌に対する抗癌剤治療、緩和的内視鏡治療・IVR治療などができる。
  • 炎症性腸疾患、非代償性肝硬変、慢性膵炎などの慢性期消化器炎症性疾患に対して治療することができる。
  • 初期研修医を指導できる。
  • 専門医資格の取得 日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医の取得を目指す。