後期研修医制度

精神科

指導責任者:内藤 徹

目的

精神医学の専門知識および技術を習得するとともに、幅広い学識に支えられた心身総合医を育成することを目標とする。

研修内容

【1】精神病理学、疾病分類、関連身体病理の理解
精神科診断、治療の基礎となる精神病理学、及び脳神経系病理の理解・習得に努力する。
【2】精神医学的診断能力の習得
精神科面接、心理療法、及びCT、MRI、脳血管撮影、PET、脳波などの基礎を学び、身体的臨床検査学知識を深め心身総合的診断能力を身につけるよう努力する。
【3】精神医学的治療に関する知識の習得
精神療法的接近を基本的態度とし、向精神薬療法の基本を学び、修正ECT等の身体的治療の理解、技術習得に務める。
【4】リハビリテーションの理解、地域医療社会福祉の認識
リハビリテーション科、医療社会福祉士、薬剤師との合同カンファレンスを通じ、精神科リハビリテーション医学の重要性を認識し、その知識を深めるとともに、地域医療社会福祉担当者との接触を深め、病棟内にとどまらない地域精神科医療の構築を行える視点を育む。
【5】臨床研究
日本精神神経学会および関連学会における発表を通じて、臨床研究の方法を取得する。
【6】指定医、専門医資格の取得
精神保健指定医資格の取得、学会認定医取得サポートを実施する。