後期研修医制度

整形外科

指導責任者:二階堂 宏治

プログラム:日本整形外科学会卒後研修カリキュラムに準じた研修を行う。

目的

高齢化社会の中で、脊椎、関節、骨などの慢性疾患に対しての積極的な治療知識と技術の習得を目指し、また、スポーツ選手などへの運動器疾患の治療知識と技術を習得するために、多くの臨床を経験する。

研修内容

(1)運動器の基礎知識の習得

体幹、四肢の解剖、また運動器に関する組織、各疾患の病理組織の知識習得。

(2)診断と治療の基本手技の習得
  • 身体所見、神経学的所見を適切に評価できる。
  • 適切なX線写真の撮影部位と方向を指示し、読影できる。
  • CT、MRI、造影検査(関節、脊髄、神経根)の適応を理解、指示、判定できる。
  • 筋電図、神経伝導速度など、電気生理学的検査の適応を理解し、実施、判定できる。
  • 骨量測定検査を理解し、指示、判定できる。
  • 消炎鎮痛処置、理学療法、作業療法の基本と適応を理解し、適切に処方できる。
  • 装具療法の基本と適応を理解し、適切に処方できる。
  • 関節穿刺、注入、各種ブロック治療を安全に実施できる。
  • 運動器の基本的な手術手技に習熟し、実施できる。
  • 骨移植の種類を理解し、適応を判断できる。
  • 術後のリハビリテーションを適切に処方できる。
  • リハビリテーション、在宅医療、社会復帰などを、専門職(看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、ケアマネジャーなど)と協議できる。
(3)診断と治療の基本手技の習得
  • 多発外傷の重傷度評価/ショックの診断と迅速な治療/開放創の処置
  • 四肢、体幹の骨折、脱臼の適切な初期治療と、その後の療法を的確に判断できる
  • 開放骨折の重傷度を的確に判断し、応急処置ができる
  • 軟部組織損傷を診断し、適切な応急処置を行える。また修復術、再建術を行える
  • 手、手指の外傷の特徴を理解し、神経、腱損傷の適切な処置を実施できる
  • 脊椎、脊髄損傷の適切な応急処置を実施できる。また、治療法の検討、実施、合併症の予防、リハビリテーション計画ができる。
  • 骨盤骨折における出血性ショックの診断と治療ができる。
  • スポーツ外傷の特徴を理解し、適切な初期対応および治療を行える。
(4)運動器疾患の鑑別診断と適切な治療の選択のための検査知識と手技の習得

先天異常症候群、先天奇形/骨系統疾患/神経、筋疾患/脊柱、脊髄疾患骨、関節の感染症/慢性関節疾患/関節リウマチ

四肢循環障害と阻血壊死性疾患/代謝性骨疾患/骨、軟部腫瘍/四肢関節疾患

(5)専門医資格の取得

日本整形外科学会専門医の取得を目指す。