後期研修医制度

リハビリテーション科

指導責任者:田中 博

目的

リハビリテーション科専門医となるために、当院、大学病院およびふれあいグループ内の関連病院・施設を含めて幅広いリハビリテーション領域における深い知識と技術の習得を目指す。

研修内容

  1. (1)回復期リハビリテーション、急性期リハビリテーションの両面から、リハビリテーション医学のみならず、総合診療医としてリハビリテーションが関連する多くの病態とその知識、診療技術の習得。
  2. (2)リハビリテーション医学の基礎的知識を得るとともに、障害の適切な診断・評価をする診察方法を習得し、機能予後診断、リハビリテーションの計画と処方に精通する。
  3. (3)リハビリテーションのチームリーダーとしての役割は重要な実践事項であるため、他の診療科医師、および理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などのスタッフとの連携や、リハビリテーション医学特有にの検査・治療手技の習熟。
  4. (4)専門医資格の取得
    日本リハビリテーション医学会認定教育病院としての研修プログラムの実施
  5. (5)国内留学
    リハビリテーション医として幅広い臨床経験を積むために、大学病院への国内留学を行う。