後期研修医制度

脳神経外科

指導責任者:青木 伸夫

目的

脳神経系に関する臨床および基礎の幅広い知識と技術の習得を図り、良識ある優れた脳神経外科診療の専門医を育成することを目標とする。

研修内容

(1)専門的知識および技術を習得する。
【1】脳神経系臨床解剖の理解
脳神経診断、治療の基礎となる脳神経系臨床解剖の理解・習得に努力する。
【2】神経放射線画像診断能力の習得
CT、MRI、脳血管撮影、PETなどの基礎を学び、診断能力を身につける。特に脳血管撮影手技の具体的技術を習得し、単独で行えるように努力する。
【3】臨床検査学に関する知識の習得
脳一般的臨床検査学の知識はもちろんのこと、脳波、誘発脳波などの神経電気生理学的検査の理解および判読、腰椎穿刺の技術の習得および髄液検査結果の理解。
【4】リハビリテーションの理解、医療社会福祉の認識
脳神経外科、リハビリテーション科、医療社会福祉士との合同カンファレンスに参加し、リハビリテーション医学の重要性を認識し、その知識を深めるとともに、脳神経外科と医療社会福祉制度とのかかわりを理解する。
【5】脳神経外科手術手技の習得
指導医のもと、脳腫瘍やくも膜下出血などの開頭手術における開頭・閉頭が行えるようにする。また穿頭術(慢性硬膜下血腫)や髄液短絡術(脳室・腹腔短絡術、腰椎・腹腔短絡術)を術者として行えるようになることを目標とする。また、頭部外傷患者(急性硬膜下血腫・急性硬膜外血腫)の緊急手術を指導医のもと術者として行えるようになることを目標とする。
【6】臨床研究
日本脳神経外科学会および関連学会における発表を通じて、臨床研究の方法を取得する。
【7】専門医資格の取得
日本脳卒中学会研修教育病院としての研修プログラムの実施。