後期研修医制度

放射線科

指導責任者:星川 嘉一

目的

放射線医学に関する臨床および基礎の幅広い知識と技術の習得を図り、地域医療に貢献出来る放射線科認定医・専門医の育成を目的とする。

研修内容

総論

放射線物理学
放射線診療を行うために必要な放射線の物理作用を理解する。
放射線生理学
放射線診療を行うために必要な放射線の生物作用を理解する。
放射線防護
放射線防御の必要性、その理念と目標について正しく理解する。
放射線安全管理
放射線診療における安全文化を理解し、医療の質と安全を確保する事を理解する。

各論

放射線診断学
  • 日常診療における画像診断を理解する。
  • 画像解剖、放射線機器の原理、特徴を説明できる。
  • 日常臨床で遭遇する頻度の高い疾患の診断ができる。
  • 造影剤の基本について説明できる。
IVR
基本手技を習得し、適応、手技内容、合併症並びに放射線防御についても習得する。
核医学
核医学の基本について習得する。
放射線腫瘍学
放射線外照射を中心として、放射線治療の特徴を説明でき、がん集学的治療に占める放射線治療の役割を理解し、その他の治療法の併用療法について理論的根拠を概説できる。

なお、当院の放射線科は日本医学放射線学会の修練機関(診断)に認定されています。