後期研修医制度

外科

指導責任者:櫻井 嘉彦

目的

当院の理念に基づき、安全質の高い医療を提供できるように、基礎研修の修了した医師を対象に、より専門に特化した研修を行う。

研修内容

(1)一般目標
  • 患者、家族の人権への配慮ができる。
  • 専門にとらわれず広い視野、知識で診療を行う。
  • 関連する科と連携し、最良で的確な医療を提供する。
  • 医療に関連した職種との連携を保ち、チーム医療を実践する。
  • 常に新しい知識の習得のための学習の習慣を身に付ける。
(2)研修概要

専門的領域にとらわれることなく、品格、知識、技術のいずれにおいても外科医としてふさわしい人材を育成する。一般外科を基本に、あらゆる手術の周術期管理、術前後の評価、手術の適応、手術手技を習得する。救急外来での外科的対応についても学習する。

  • 患者、家族の人権への配慮ができる。
  • 専門にとらわれず広い視野、知識で診療を行う。
  • 関連する科と連携し、最良で的確な医療を提供する。
  • 医療に関連した職種との連携を保ち、チーム医療を実践する。
  • 常に新しい知識の習得のための学習の習慣を身に付ける。
(3)年次プログラム概要
1~3年目

一般外科における基礎研修(消化器外科含む)、基本手術手技の習得。

(虫垂炎、ヘルニア、肛門疾患、胆石、胃がん、大腸がん、乳がん、など)

この間に、数ヶ月の眼科、耳鼻科、皮膚科選択研修可。

3~5年目

消化器外科、脳神経外科、整形外科、循環器外科、呼吸器外科など、専門領域の研修、または一般外科研修の継続。