後期研修医制度

指導医の紹介

肝臓病センター センター長

緩和ケア内科 科長 平野 克治

今までの経歴は?
1995年富山大学卒業で、富山大学第三内科で13年間、順天堂大学静岡病院消化器内科で6年間勤務した後2014年4月より当院で勤務しています。
専門は?
肝臓疾患全般で、慢性肝炎の抗ウイルス療法、肝硬変のマネジメント、肝細胞癌の診断と治療を主にしています。また、当院には緩和病棟が20床あり、その病棟医長を兼ねています。
指導医・専門医は?
指導医としては、日本内科学会指導医、日本肝臓病学会指導医、日本消化器病学会指導医、日本内視鏡学会指導医、がん認定医機構暫定教育医です。 専門医としては、総合内科専門医、日本肝臓病学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本内視鏡学会専門医、日本移植学会認定医、日本静脈経腸栄養学会認定医、ICDなどを持っています。
診療実績は?
肝臓病センターとしては、2014年4月から2015年10月までの間に抗ウイルス療法導入が約80件、血管造影治療を約35件、経皮的ラジオ波焼灼術を約10件施行しています。また、消化器内科医として、消化器内科全体で上部が約5,000例・下部内視鏡検査が約2,000例年間にあり、1.5週に1回上部・下部内視鏡検査を施行し、必要に応じてERCPも施行しています。 一方、緩和ケア内科としては、ペインクリニックの先生とともに、年間約200例の入院患者さんの対応を行っています。入院が必要ない方や在宅での療養を希望されている方の緩和ケア外来もあわせて行っています。
当院の特徴は?
内科系診療科は、消化器(消化器病センター・肝臓病センター)、循環器、血液内科、呼吸器内科、腎臓・透析科、糖尿病・内分泌、総合内科の常勤医を有しています。 一定期間は、一人の指導医の元で研修を受けていただきますが、各専門科の先生について指導を受けていただくことが可能であり、消化器だけでは足りない疾患群についても経験することができます。日本内科学会の教育関連病院であり、内科認定医を取得されたあとは、消化器系の専門医として、当院は、日本消化器病学会認定施設、日本肝臓病学会認定施設、日本内視鏡学会指導施設であり、日本消化器病学会専門医、日本肝臓病学会専門医、日本内視鏡学会専門医の取得が可能です。

後期研修医の先生へのメッセージ

当院は、箱根や鎌倉など神奈川の有数の観光地に車で1時間弱で行くことができます。また、茅ヶ崎駅からは東海道線で横浜まで27分、品川まで45分とアクセスが良好です。さらに湘南の海が近く、サザンビーチまで車で約15分で行くことができます。圏央道が開通し、埼玉、静岡、山梨からの移動もさらに楽になりました。患者さんも増加傾向にあり、救急車も多い2次救急の病院ですので、仕事は忙しいですが、湘南ライフをエンジョイしたい方には、ぴったりではないかと思います。是非、当院にて後期研修を送ってみませんか。