後期研修医制度

当院では、地域での活躍を目指す医師を育成していくため、後期研修医が臨床研修に集中できるよう処遇・待遇の改善を毎年行っています。将来、湘南地区および「ふれあいグループ」での地域医療を目指す医師に対し、必要な知識と技術の習得、また専門医などの資格取得を支援します。

制度の特徴

当院の後期臨床研修制度では、研修医が臨床研修に集中できる環境を提供するために、給与などの処遇改善を進めています。後期研修医には、1年次(卒後3年目)1,032万円~5年次(卒後7年目)1,308万円の年収(手当含概算)を支給しています。 また、院内での研修だけでなく、連携大学病院での臨床研修やカンファレンス参加、協力病院での臨床研修などにより、幅広い臨床研修を受けることができるプログラムを用意しています。

後期研修修了後は、当院において常勤職員として就業することや、グループ内施設への就業も希望にあわせて受け入れます。また、医科大学附属病院や市中病院への推薦紹介も進路希望にあわせて行っています。後期研修修了後の進路も全面的にサポートします。また、地域での医療活動を目指す方には、病診連携・病々連携の基盤作りをサポートします。

研修・修練施設認定学会

(当院の研修で専門医等の受験資格が得られる学会)

  • 日本内科学会
  • 日本外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本がん治療認定医機構
  • 日本医学放射線学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本透析医学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本肝臓学会