医療法人社団 康心会 湘南東部総合病院・湘南東部クリニック

医療法人社団 康心会の基幹病院です。医療法人社団 康心会は、ふれあいグループの法人です。

【代表電話】0467-83-9111
【予約電話】0467-83-9192(8:00〜17:00)
【救急受付】0467-83-0099(24時間) 救急診療のご案内

診療科案内

循環器科

診療場所:クリニック

診療予約:予約センター TEL.0467‐83‐9192(平日8:00~17:00)

8月の外来診療担当表

循環器科
 
午前 中田/上村/家泉 田中 上村/田中 薄葉/中田 中田/薄葉 薄葉
          上村(1・3週)
午後 薄葉 薄葉 家泉/中田 上村 家泉 家泉

診療内容・特色

循環器科は小児期・成人期・老人期全ての年代の循環器疾患に対応する事を目的としています。従来通りのカテーテル検査の他、新しく心臓血管外科を診療体制に加え、内科的治療と外科的治療のハイブリッド治療も視野に入れた治療展開を予定しています。

また、心臓検診の三次元的な専門病院として役に立てるように、地域医療の充実に力を注いでいきたいと考えています。

なお、当循環器センターでは思いやりのある若手の循環器医師の育成にも力を入れています。

主な疾患

高血圧、虚血性心疾患、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、大動脈瘤、先天性心疾患、心不全など

狭心症・冠動脈疾患専門外来について

心臓の周りを流れる冠動脈は、心臓の筋肉(心筋)に血液を送っています。 この冠動脈が狭くなったり詰まったりして、心筋に十分な血液が届けられなくなる病気を総称して、冠動脈疾患(または虚血性心疾患)と呼んでいます。

疾患の病態により、狭心症、不安定狭心症、急性心筋梗塞と重症度が増していきます。狭心症に伴う自覚症状は、以下のような症状が左胸部や胸部中心部に出現します。

・胸を締め付けられるような感じ
・胸を押し付けられるような感じ
・胸が重い感じ
・胸がもやもやする感じ
・胸焼けする感じ

頚部、下顎部、左肩、左上肢内側、右前胸部、心窩部、背部などに「しびれる」「だるい」などの症状が伴う場合もあります。

急性心筋梗塞は冠動脈が完全に詰ってしまう病気で、一般的に狭心症よりも強い症状が出ます。また狭心症の発作よりも強度で、非常に強い胸痛で持続時間が長く30分以上続きます。心筋は壊死してしまい、命に関わる状態となります。いわゆる突然死の一つです。救命を目的とした緊急的な治療が必要となります。発症してから治療開始では遅いのです。生命をつなげられたとしても、心筋の壊死は、現在の医療では元に戻りません。

冠動脈硬化症を起こしやすい危険因子はわかっています。喫煙者、高コレステロール血症、高血圧症、糖尿病を有する患者さんは、程度の差はあれ冠動脈疾患を発症していないかのチェックを受けられたほうが良いと考えられます。

当院には最新型CTが導入されており、冠動脈疾患の診断において入院の必要はなく、外来で評価ができます。これまで入院が必要であった心臓カテーテル検査に取って代わっています。CT検査によって治療が必要と診断されればカテーテル治療を実施します。カテーテルは胸にメスを入れる治療ではなく、血管内の狭窄部分に、金属の網で作った筒状のバルーンステントを挿入し押し広げることで血管内から治療を行います。これにより開胸手術と比べて患者さんの負担は大幅に軽減します。また、過去にカテーテル治療を受けられた患者さんは、その後の管理が最も重要ですので、狭心症・冠動脈疾患専門外来を受診して下さい。紹介状は不要です。スタッフ一同お待ちしております。

部長コメント

循環器センターのスタッフは高度な医療技術や最先端の医療機器を駆使し採用の医療を提供する為「患者様中心の医療」を日々実践しなければならないと考えています。その為には、検査や治療に関して、納得していただける十分な説明が重要と考えています。また、糖尿病や高脂血症など内科専門外来、さらには禁煙外来と連携をとって循環器のみならず全人的に病気をとらえて診断・治療に対処していきます。

担当医師紹介

上村 茂 上村 茂 (うえむら しげる) [湘南東部クリニック院長] [湘南東部総合病院副院長] 日本小児科学会専門医・日本小児循環器学会暫定専門医
薄葉 文彦 (うすば ふみひこ)
日本循環器学会循環器専門医・日本心血管インターベンション治療学会専門医・日本内科学会総合内科専門医
田中 嗣朗 (たなか つぐろう)
日本循環器学会循環器専門医・日本内科学会内科医
家泉 泰宏 (いえずみ やすひろ)
日本循環器学会循環器専門医・日本心血管インターベンション治療学会認定医・日本内学会総合内科専門医
中田 八洲郎(なかた やすろう)