居宅介護支援サービス

基本方針

居宅介護支援事業

  1. 御利用者が可能な限り居宅において自身の有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるよう、支援を行います。
  2. 関係市町村、地域福祉・保健・医療サービスをタイムリーに緊密な連携を図り総合的サービスの提供に努めます。
営業日
土曜・日曜・祭日を除く平日
営業時間
9:00~18:00
住所
藤沢市藤沢498番地
電話番号
0466‐25‐5911
FAX番号
0466‐52‐2423
E-mail
thp-msw@fureai-g.or.jp
ご利用方法
電話でお問い合わせ下さい。

居宅介護支援センターとは、介護保険の申請や認定調査、サービスといった介護保険全般についてのご相談を当クリニックのケアマネージャーがお受けします。ご自身やご家族がこれから介護保険のサービスを受けようと思われている方はお気軽にご相談下さい。皆様が可能な限りご自宅で自立した日常生活を営む為に、それぞれの方の状態に適したサービスを受けられますようサポートさせていただきます。

こんな方はご相談下さい

  • 介護保険制度を使いたい、ケアプランを作ってほしい
  • 退院後の介護に向けて何を準備すれば良いのか分からない
  • 介護保険、その他のサービスの内容が知りたい
  • 福祉器具の購入や住宅改修についての相談をしたい
  • 病院や施設のことを知りたい

業務内容

  • 介護保険、その他についての相談(電話・面接・訪問)
  • 介護保険代行申請(新規・更新)
  • 介護保険認定調査(市からの委託による)
  • 介護度に基づいた各種サービスの組み入れ
  • サービス継続中の相談対応
  • その他

お問い合わせ

月~金 9:30~18:00
tel:0466‐25‐5911 FAX:0466‐25‐7411
E-mail:thp@fureai-g.or.jp
ケアマネージャー:嶋村 里絵

介護保険では以下のようなサービスを受けられます

★訪問介護
(ホームヘルパー)
ホームヘルパーが訪問し、排泄、入浴、食事などの身体介護や、調理、掃除、生活相談などの生活援助を行います。
★訪問入浴介護 入浴設備や簡易浴槽を備えた移動入浴車で、看護師、介護士が訪問して入浴介助を行います。
★訪問看護 訪問介護ステーションや医療機関の看護師などが訪問して、主治医と連絡を取りながら療養上の世話や診療の補助を行います。
★訪問リハビリテーション 理学療法士・作業療法士が訪問して、自宅でリハビリテーションを行います。
★通所介護
(デイサービス)
デイサービスセンターで食事や入浴、機能訓練、レクリエーションなどが日帰りで受けられます。
★ショートステイ 家族が病気、旅行等で介護ができない場合に、特別養護老人ホームに短期間入所して介護やリハビリを受けられます。
★通所リハビリテーション
(デイケア)
介護老人保健施設や医療機関に通い、日帰りのリハビリテーションが受けられます。
★福祉用具貸与 電動ベッドや車椅子等、介護保険の対象となる福祉用具をレンタル費用の一割の利用者負担で貸与します。
★福祉用具購入費の助成 年間10万円を購入の限度額をして、その9割が支給されます。用具は、ポータブルトイレ、入浴補助用具等、5種類です。
(購入前にケアマネージャーにご相談下さい)
★住宅改修費の支給 段差解消や手すりの取り付けなど、介護者の負担を軽減する為に住宅改修を行う場合は、20万円を支給限度額として、その額の9割が支給されます。
(工事をする前にケアマネージャーにご相談下さい)

ご利用までの流れ

【書類記入】 アイコン 要介護認定を受けようと思う被保険者は、要介護認定機関(市町村など)へ申請書を提出します。
【認定調査】 アイコン 調査員が被保険者の自宅に伺い、ご利用者のADL (日常生活動作)などについて調査します。
【主治医の所見 】 アイコン 主治医による医学的な診断書が必要となります。(意見書)
【要介護認定】 アイコン 訪問結果を元に、市町村の保健・福祉の学識経験者による判定が行われます。
【事前訪問】 アイコン 介護支援専門員(ケアマネージャー)が訪問し、アセスメント(課題分析)を行います。
【ケアプラン作成】 アイコン 介護支援専門員とご利用者、ご家族で相談して介護サービスの利用計画を作成します。
【サービス開始】 介護サービス事業所と契約を結び、サービス利用が開始されます。 その後ケアマネージャーは月1回自宅訪問し、3ヶ月に1度はサービス内容が適正かどうか、 評価(モニタリング)します。また必要時や要介護認定の更新の際にサービス担当者会議を開催いたします。