リハビリサービス

当施設リハビリの特徴

「ふれあいの園 練馬高野台だからできるリハビリテーション」

ご入居者様の精神的・身体的な悩みに対して、常に寄り添い理解し共に考え解決することで、笑顔の源泉になれるようなリハビリテーションサービスを目指します!

施設でのリハビリ利用者の方の声

I様

もともと歩くのがおっくうで、大変だったのですが、下田先生にいろいろとそばに付き添って歩く訓練やマッサージで、徐々に良くなってきた感覚がよくわかり、うれしく思っています。

会いに来てくれる友人からも、数か月ぶりに会った時には前回とは違う体の動き具合や身のこなし方の良さに驚かれたこともあるくらいです。

今後も頑張ってやっていきたいなと思っています。

K様

年をとってくると身体の動きが若い頃と違って、なかなか思うようにいかなくなってきます。

そんななかで、週2回のマッサージや歩行訓練をやってもらえるのはとてもうれしく、いろいろな話をしながらのリハビリは楽しいだけでなく、励みにもなっています。

[写真] [写真]

具体的な事例(トピックス)

どのようなリハビリサービスを受けることが出来るのか?

[写真]
【ポイント】
基本的に当施設にご入居されている方であれば、どなたでも実施できます。
(注)急性期の炎症性疾患や重度な心疾患等の場合は、主治医の診療が必要となります。
【対象となる主な疾患・症状】
骨折や腰痛(ヘルニア・脊柱管狭窄症等)、膝痛(半月板損傷・変形性関節症等)、肩痛(五十肩・健板損傷等)等の整形外科疾患に対して
脳梗塞、パーキンソン病等の脳血管障害や中枢性進行性疾患に対して
循環器系疾患、呼吸器系疾患に対して
認知症等の高次脳機能障害に対して
糖尿病等の生活習慣病に対して

※上記のような様々な疾患や症状に対して、専門スタッフ(理学療法士)が個別にアプローチ致します。

【その他】
ご病気や障害等がなくても予防、健康維持のための体操指導や除痛、疲労回復のためのマッサージ等の臨時のご利用も可能です。
リハビリの実施については、専用のリハビリ室(2階)をご利用しての治療(積極的な機能訓練を実施する場合等)とご入居者様の自室にて行なう訪問形式での治療を、ご入居者様お一人おひとりのご希望で選択可能です。(両方の組み合わせも可能)

座った姿勢でのリハビリとマッサージ(実施場面紹介)

  1. ①座位にてリウマチ(炎症性疾患)や骨折後の関節、筋肉の拘縮やこわばり及び痛みの緩和のために、マッサージ、ストレッチ等の徒手両方の実施場面

    [写真] [写真]
  2. ②手指の巧緻性(手先の器用さ)回復のために、書字や箸の使用等のADL(日常生活動作)訓練の実施場面

    [写真]
  3. ③下肢筋力の向上等の目的に行なう筋力増強訓練の実施場面

    [写真]
  4. ④脳梗塞(脳血管障害)等における立ち上がり、起き上がり動作等の機能、能力の回復のために行なう基本動作訓練の実施場面

    [写真]
  5. ⑤脊椎性疾患やパーキンソン病等体幹姿勢異常をきたしている方に、姿勢改善を目的に行なう姿勢矯正訓練の一例

    [写真] [写真]
  6. ⑥頸椎症、脊柱管狭窄症など脊椎性疾患に実施するマッサージ等の徒手療法実施場面

    [写真] [写真] [写真]

現在当ホームのリハビリをご利用されているご入居者様の事例

【経緯】
ご入居前の独居生活中に転倒骨折される
ご入院先病院での医療的リハビリを受けられるも、3ヶ月程の入院かつまだ痛みや歩行障害が残っている状態で退院を余儀なくされる
【当ホームにおいて】
退院後、当ホームのショートステイをご利用される
この間、機能回復を目指したリハビリを実施させていただき痛みが除かれ、自立歩行が可能となられる
同時にホームスタッフとの信頼関係も築く事ができる

※その結果、本入居されることになり、現在もお元気に当ホームにてご生活をされていらっしゃいます