介護サービス

食事・入浴・排泄介助=人間の尊厳を守る介護

食事・入浴・排泄の介助は三大介護とも言われ、高齢者の生活を支えていく上で、とても重要だとされております。

だからこそ、介護職の専門性が問われ、ここ武蔵中原のご入居者様には「その人らしく」あっていただきたいと考え「温かさ」と「心地良さ」そんな想いを大切にしております。

ご自分らしい生活の実現のために、ご本人の持つ力も活用していただいております。ゆっくりでもご自身のペースで・・・例えば、ただ単に食事介助をするのではなく、スプーンが持てる方であればお時間がかかってもご自分の力でお召し上がりいただいております。

介護スタッフが常にコミュニケーションを大切にしながら、ご入居者様のわずかな変化にも迅速にケアプランにも反映させていただきます。

ホーム内での主な介護・看護サービス例

  • ※サービス例となります。他にもご利用者様に合わせた介護・看護サービスがございます。
ホーム内での主な介護・看護サービス例[図]