康心会汐見台病院

院長の挨拶

当院は、昭和37年に京浜臨海工業地帯にある企業の従業員住宅あるいは社宅を建設することを目的として造成された団地群を中心とした閑静な横浜南部地域に位置しています。 翌年、財団法人神奈川県団地住宅福祉協会が19床の汐見台診療所を開設したのが当院の前身です。その後、社団法人神奈川県医師会と県による公設民営として運営されてきましたが、平成18年4月に地方自治法の改正による指定管理者制度が適用され、改めて神奈川県医師会が指定管理者として指定を受けました。 H28年4月より、神奈川県からの移譲により、康心会汐見台病院として、新たな運営体制となりました。

昭和55年に開放型病院として承認され、現在約300名の診療所医師が登録されています。このような登録医制度は、病病あるいは病診連携を密にし、共同診療、入院紹介や検査の受託などを通して患者さまの前方および後方支援を円滑にする有効な手段であり、地域完結型医療の一端を担います。平成16年3月に「地域医療連携室」を開設し、平成18年からは在宅療養支援診療所の後方支援病院としてさらに効率の良いサービスが提供できるようになりました。

一方では、内科、小児科、外科および産婦人科の救急医療を行い、横浜市の夜間救急二次救急輪番にも参加しています。そして人工透析を含めた災害時医療も視野に入れています。

地域交流を通して住民との絆を深め、開かれた病院となることも使命と考えています。従来より実践してきた小学生の病院見学や高校生の一日看護体験、地域イベントへの参加、ふれあい医療講座、ボランティアの受け入れなどを一層積極的に進めていく方針です。

私たち職員一同は、病院をあげて患者さまを中心とした安全で良質な医療を提供する努力を惜しまず、さらに開かれた病院づくりを推進します。

院長 栗原 英明

医療法人社団 康心会 康心会汐見台病院

〒235-0022 神奈川県横浜市磯子区汐見台1-6-5 【TEL】045-761-3581【FAX】045-761-4111(総務部)