低侵襲心臓手術センター

MICS低侵襲心臓手術について

MICS(低侵襲心臓手術)とは、手術術式ではなく手術に対するアプローチの方法です。"従来の手術のクオリティ(質)を下げずに、いかに体への負担を少なくして手術を行うか"これがMICSです。

MICSでは胸の真ん中や胸の横を6~8cm程度小さく切って、そこから心臓の手術を行います。従来は胸の真ん中を20~25cm程度切って、その下にある胸骨を縦にすべて切っていました。現在でもその方法は行われていますが、胸骨をすべて切ることで、痛みや体への負担が増強します。また手術後は車の運転が2~3カ月間できませんし、力仕事などは控えていただかなくてはなりませんでした。

MICSでは胸骨を一部しか切らなかったり、もしくはまったく切らなかったりするため、痛みも少なく、術後早期から重いものを持つことができます。仕事にも早期に復帰できるなど社会復帰が早いことが特徴です。車の運転も退院後2週間から大丈夫です。手術の質(クオリティ)は同じで、傷が小さく痛みが少ない、社会復帰が早い手術方法がMICSなのです。

よくある質問Q&A

MICS(低侵襲心臓手術)は、どんな病気に行えますか?

MICSは手術術式ではなく、手術に対するアプローチの方法です。

ですから基本的にはどのような病気に対してもMICSでの手術が可能です。

虚血性心疾患

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患。

冠動脈バイパス術

弁膜症

大動脈弁狭窄症や僧房弁閉鎖不全症などの心臓弁膜症。

弁形成術、弁置換術、複合した弁の手術

先天性心疾患

心房中隔欠損症や心室中隔欠損症などの先天性心疾患

心房中隔パッチ閉鎖術、心室中隔パッチ閉鎖術

などの手術でMICSを行えます。

ただし病状によってはMICSでの手術が困難な場合があります。

MICS(低侵襲心臓手術)の方法にはどのようなものがありますか?

いくつか方法がありますが、代表的なものを取り上げます。

胸骨部分切開

胸骨の半分を切開してアプローチします。当院では主に大動脈弁手術や僧帽弁手術、複合弁膜症手術に対して行っています。皮膚切開は6~8cm程度で行っています。

小開胸切開

胸骨はまったく切りません。体の真正面ではなく側部の小さな創を通して手術を行います。当院では主に冠動脈バイパス術と僧帽弁弁膜症に対して左または右小開胸で行っています。皮膚切開は6~8cm程度で行います。特に女性の場合は、手術創は乳房の下に隠れるため目立たないものとなっています。

MICS(低侵襲心臓手術)の利点について教えてください。

傷が小さく目立たないこと

従来の胸部正中切開では、傷がシャツから見えたり、水泳、温泉入浴時では傷が大きく目立ったりするため、いつまでも手術創が気になってしまう方がおられます。実際にMICSを受けていただいた患者さまからは、「手術の傷が小さくて目立たない」と、とても喜んでいただけております。

社会復帰が早いこと

胸骨正中切開(従来の方法)では、手術中に切った胸骨の治癒を待つため、術後約3カ月の間は重いものを持つことや、車の運転は禁止しています。腕を上げることも胸骨の治癒によくないので、避けていただいています。

これに比べてMICSでは手術後から腕は自由に動かしても大丈夫です。車の運転や重いものを持つことも問題なく行っていただけます。

手術による出血が少ないこと

傷が小さく、胸骨という大きな骨を完全に切らなくてすむので、手術中の出血は少なくてすむことが報告されています。私どもは輸血の必要性も従来よりも低くなると考えています。

創部感染症が少ないこと

心臓の手術後の重篤な感染症のひとつである感染性縦隔炎の発生が少ないことが報告されています。特に胸骨切開部が感染する感染性骨髄炎は難治性の合併症ですが、胸骨をまったく切らないアプローチでは、胸骨感染は報告されていません。

MICS(低侵襲心臓手術)の適応について教えてください。

上記の利点に伴い、下記の患者さんについて、MICSが可能かどうか確認させていただいております。胸の形や体格、病状、その他の状況により、すべての患者さまにお勧めできる手術ではないことをご了承ください。なお、このアプローチにより手術費用がさらにかかることはありません。すべての手術を保険診療で行っております。

適応となる患者様
手術創が小さいことや傷が目立たないことを望まれる患者さま
車の運転を退院後すぐに開始したい患者さま。あるいは職業上の理由などで退院後すぐに、重いものを持つ必要のある患者さま
輸血をできるだけ避けたい方(宗教上の理由も含みます)
免疫抑制剤やステロイドを内服されていて、通常よりも感染症の起こりやすい方
MICSを望まれるすべての患者さま

MICS(低侵襲心臓手術)では別途、お金がかかりますか?

当院で行っているMICS(低侵襲心臓手術)はすべて保険診療です。通常の心臓手術と同じと同じ金額となります。ご希望があれば、手術の費用に関して医事課入院係よりご説明いたします。

MICS(低侵襲心臓手術)を受けたいときはどうすればいいですか?

まずは大和成和病院にお電話ください。

代表番号:046-278-3911

MICS(低侵襲心臓手術)の流れ(経過)はどのようになりますか?

  1. 手術の3~4日前に入院いただきます
  2. 手術前日に手術のご説明いたします(インフォームドコンセント)
  3. 手術は朝から始まります。手術後は集中治療室(ICU)に入室します
  4. 手術翌日には食事を召し上れます。また歩行リハビリを行います
  5. 手術2~3日目にドレーン(排液用のチューブ)が抜けます。この間もリハビリを行います
  6. 手術後7日~10日くらいで退院となります
  7. 退院に関しては、ご家族の都合なども考慮し、無理のない日程で行います