診療科案内

心臓血管外科

乗松 東吾(のりまつ・とうご)

心臓・血管外科

[写真]

初期研修終了後、心臓・血管外科としてのキャリアをスタートしたのがこの大和成和病院でした。心臓外科修練と併行して、小児心臓外科、消化器外科、血管外科と幅広く勉強する機会を与えていただきました事に深く感謝しています。特に心臓血管外科領域においては急速な技術革新が進んだ事もあり、近年では血管疾患のみに絞ることで、より深い研鑽を積んで参りました。前任地の榊原記念病院では約5年間スタッフ外科医として執刀する機会にも恵まれたことで、心臓外科修練だけでは得られない技術・視野も修得することができました。ようやく外科医として当院に恩を返せる時が来たと判断し、今回着任した次第です。

100年前、現代医学の父、ウィリアム・オスラー博士は「人は血管とともに老いる」という言葉を残しています。三大疾病と言われる心臓病、脳卒中、悪性腫瘍にとどまらず、多くの病気は血管の異常が関与していることから、今もなお真理をついている表現であると言えます。我々はその血管に対して外科的な手術治療だけではなく、内科的な薬物療法、あるいはカテーテル、レーザーなどの血管内治療といった複数の治療手段を有しています。オスラー博士の言葉が真理であるのならば、血管を治療するということは人の老いを遅らせる事に他なりません。健康寿命を伸ばすことで若々しく健やかな人生を楽しんでいただけるよう、この始まりの地で皆様に力添えさせていただく所存です。

外来診療日 火曜日(午前)
略歴
2003年
国立国際医療センター 外科系修練医
2005年
大和成和病院 心臓血管外科
2006年
神奈川県立こども医療センター 心臓血管外科
2007年
相模原協同病院 消化器外科/心臓血管外科
2011年
静岡赤十字病院 血管外科
2012年
榊原記念病院 外科医員
2017年
榊原記念病院 非常勤医
2017年
大和成和病院
免許・資格
  • 外科学会専門医
  • 心臓血管外科専門医
  • 循環器学会専門医
  • 脈管学会専門医
  • 胸部ステントグラフト指導医
  • 腹部ステントグラフト指導医
  • 血管内レーザー焼灼術指導医