診療科案内

循環器内科

外来診療担当表

診療内容・特色

神奈川県央地区の心臓・循環器病治療の中心を担う

大和成和病院 循環器内科は、病院が1996年に発足以来、常に神奈川県央地区の心臓・循環器病治療の中心を担ってきました。私が着任する以前も含め、10年以上連続で冠動脈インターベンション(PCI)は500例前後を維持しています。

最近では100例以上の下肢の血管治療を行っており、新規・交換を合わせて約100例ペースメーカー手術を施行し、さらに、最新医療技術の必要な心臓再同期療法(CRT)や植え込み型除細動器も導入しています。

 

心臓・循環器疾患の専門病院としてプライド

当科が最重要視していることとして、「心臓・循環器疾患の専門病院としてプライドを持って検査や手術を施行している」ということです。これらを可能にしている一つの理由に、信頼できる心臓血管外科のバックアップの存在があります。

虚血とは冠動脈の閉塞や狭窄により心筋に栄養や酸素の供給ができなくなった状態をいいます。循環器内科はカテーテルを用いて狭窄・閉塞部位を解除する治療PCIを行います。当科には日本心血管インターベンション治療学会の専門医が2名、認定医が2名常勤しており、迅速な対応が可能です。また、インターベンションエキスパートナースとしての有資格者が3名勤務しております。心臓血管外科手術にも対応できるような知識、技術をもった臨床工学士達も力強い味方です。放射線技師は一番近い位置で医師と共にカテーテル検査、治療に常に参加しており、臨床検査技師も非常に高い能力を持っています。

カテーテル治療の総合力とは

近年、病院におけるカテーテル治療水準の評価として、医師のみではなく、カテーテル室内で検査治療に関わるすべてのスタッフのレベルの総合力が問われることが多く、その点において当院カテーテル室チームは神奈川1の評価を受けております。

難易度の高いカテーテル治療には、高度な石灰化病変や心機能の低下した患者様の治療、また、左冠動脈主幹部を含む治療などが挙げられます。いずれの治療も優秀なカテーテル室のスタッフ、また、心臓血管外科のバックアップ無しではあり得ません。

難易度の高い治療とは何か

  1. 冠動脈石灰化に対するロータブレーター治療
    県内1の症例数を誇り、医師や医療従事者向けのワークショップを定期的に開催しております。多くの透析患者様や糖尿病患者様が対象になります。
  2. 低心機能や他枝病変に対するカテーテル治療
    症例数の豊富な心臓血管外科をバックアップに、他院にて断られるような重症例にも、可能な限り対応いたします。しかしながら、無謀な治療は一切いたしません。
  3. 末梢血管のカテーテル治療(EVT)。
    脳動脈と頸動脈以外のすべての血管が治療の対象になります。特に総腸骨動脈から下肢動脈に対してのEVTは目覚ましい発展を遂げており、間欠性跛行(血流低下による痛みにより歩行を継続できないこと)のある方や、重症下肢虚血CLI(足先の傷が血流低下より治らないこと)状態の方は是非、受診をお勧めします。
  4. 心臓再同期療法(CRT)ペースメーカー治療。
    心機能の非常に低下してしまった患者、心不全を繰り返してしまう患者様を対象にした心臓再同期療法を、心臓血管外科手術と同等の空気清浄度の環境下(ハイブリッド手術室)で施行しております。
 

心臓病に365日24時間対応

近年、少子化が進むにつれ、社会の中で高齢者の占める割合が増えています。救急車の受け入れ要請は年々増加の一途をたどっており、昨年は500件以上の救急車を受け入れしました。当院の場合、心臓・循環器疾患が疑われる患者様がほとんどですが、中には、脳卒中や消化器疾患の方も含まれることから、適切な診断と迅速な行動が必要です。当科には日本循環器学会専門医(内科認定医資格を有する)が4人常勤しており、患者様到着後、迅速に診察を開始し、血液検査、エコー検査、X線やCT検査を含めて、適切な診断ができることを心掛けております。

担当医師紹介

治療・手術