診療科協力部門

薬局

田中 学(たなか・まなぶ)

薬局長

患者さまが薬を飲み忘れないように
直接、説明させていただくこともあります。

 

薬剤部では患者様に安心・納得して薬物療法を受けて頂くため「薬の専門家」として医師や看護師などの医療スタッフと連携を取り、調剤や服薬指導、医薬品情報提供、医薬品の管理・供給など様々な薬剤業務を行なっています。

次に薬剤部で行なっている業務について紹介します。

調剤業務

医師が患者様に処方した薬を調剤します。調剤時には患者様の情報(アレルギー・副作用歴)を踏まえ、用法・用量・重複・相互作用などを確認し必要があれば医師への問い合わせを行い、最終確認をして患者様に薬を交付しています。

医薬品情報管理業務

薬には用法・用量・適応症・副作用など様々な情報があります。医薬品管理業務ではそれらの情報をまとめ医療スタッフに提供し、薬が患者様に適正に使用されるための業務です。

薬剤管理指導業務

薬剤師が入院患者様に使用される薬についてベッドサイドに出向き説明する業務です。

当院ではすべての入院患者様の持参薬を確認し医師へ情報提供を行い、効果的な薬物療法が行なわれるようにしています。

また入院中に処方された薬について効能・効果、用法・用量、副作用、注意点、必要性などを説明し、服用後には検査値等から薬の効果が出ているか、もしくは副作用が出ていないかの確認などを行なっています。

その他患者様が薬の飲み忘れを防ぐため、用法毎に薬をパックする1包化調剤の提案なども行なっています。

医薬品管理業務

薬が問題なく使用されるよう使用期限・保管方法を定期的に点検し、品質管理を行なっています。

また患者様に必要で有益な薬を採用するため、医師、薬剤師、看護師、事務員で構成される「薬事委員会」を定期的に開催しています。

研修・教育

新薬の情報、幅広い知識習得のため定期的に勉強会を企画し自己研鑽に努めています。

また他職種への薬の講義や、糖尿病教室の患者様へ薬の説明・指導を行なっています。

スタッフ

  • 薬局 初鹿野 敬太(成和クリニック勤務)