診療科協力部門

臨床工学技士(ME)

守屋 元(もりや・はじめ)

臨床工学技士長

 

現代医療は、複雑高度化した多くの医療機器に支えられています。循環器疾患の専門病院である大和成和病院でも、非常に多くの医療機器が「安全で高度な医療」を支えています。しかし一方でその進歩の速さから、次々に登場する新しい医療機器に対する医療従事者の理解、習熟が追いつかないといった問題が生じていることもまた事実です。私たち臨床工学技士はこのような問題を解決するために、医療機器に関する高い専門性を身につけ、医学(診療)と工学(医療機器)との架け橋として高度医療の一翼を担っています。

大和成和病院の臨床工学技士は、診療の現場では人工心肺、人工呼吸器、人工腎臓(透析)、心臓ペースメーカーなど多種多様の複雑な医療機器を操作しています。これらの機器は「生命維持管理装置」と呼ばれ、患者様の身体の一部の機能を補助あるいは代行することによって、その名の通り生命の維持や、日々の生活の質を向上するためのお手伝いをしています。

臨床工学技士の専門性は診療以外の場面でも生かされています。いかに優れた医療機器でも整備が不十分であったり、これを使用する医療従事者が未熟であったりすれば、その機能を充分に発揮させることが出来ず、時には安全性を損なう事態に陥ります。私たちはこのようなことなく医療機器が日々安全に使用されるために、点検整備、院内職員に向けた研修や広報活動を行うことで、医療安全に貢献しています。

私たちは専門職としての強い責任感と患者様への敬愛の精神のもと、医療機器に関する知識や技術の更なる向上に励み、「安全で質の高い医療」の提供を目指しています。患者様お一人お一人に最善の医療をご提供するために医師、看護師をはじめとするすべてのスタッフと共にこの目標に取り組みます。

スタッフ

  • 臨床工学副技士長 小野 浩一郎
  • 臨床工学技士主任 倉又 康和
  • 臨床工学技士 中村 純子