大和成和病院 看護部

  • 看護部トップページへ。
  • 病院トップページへ。

教育方針

教育委員会基本目標

やまとナースに活気があふれているのは、こんなサポートがあるからです。

  1. 新人教育ガイドラインを作成し、全員が温かい心をもって大切に育てています。
  2. プリセプターとプリセプティーの定期的話し合いを持つことで相互に理解を深め合えるようにしています。

循環器エキスパートナース育成プログラム

First

目的:
循環器疾患の特性を理解し「解る」から「新たな疑問を持つこと」につなげて主体的な学習態度を身につけ、学習の中で「解決すること」により現場に生かす看護の楽しさを見出す。

【年間目標】

  1. 大和成和病院の看護師としての自覚を持ち、患者の人権に配慮した行動ができる。
  2. クリティカルな状態にある患者の健康問題にいち早く気付くためエビデンスに基づく新しい知見を取り入れるとともに、「変だな?何かおかしい!」といった直感を大事にして、先輩看護師の指導・協力のもと、チームの一員として積極的な看護実践ができる。
  3. 患者の病態がわかり、異常の早期発見と先輩看護師への相談やスムーズな報告、および患者の対応ができる。
  4. 看護師として自律した学習態度を身につけ、翌年以降各役割モデルとなる自覚が芽生える。
開催回 項目 内容 指導方法 評価方法
評価基準
Ⅰ-① 入院する患者とその家族の理解
  1. ①クリティカル看護とは:生命を脅かす問題に対する人間の反応を扱うということ
  2. ②急激な環境変化にさらされる患者とその家族の心理的危機状態を理解する
  3. ③大和成和病院の看護師としての心構え:病院理念および看護部理念を理解する
  4. ④倫理的指針について:日本看護協会の倫理的指針を理解する
講義
グループワーク
レポート提出
Ⅰ-② 基礎 復習
フィジカルアセスメント・呼吸
  1. ①正しい呼吸音の聴取テクニック
  2. ②人工気道の管理とアセスメント
講義
演習
 
Ⅰ-③ 基礎 復習
フィジカルアセスメント・循環
  1. ①正しい心音の聴取テクニック
  2. ②各種データの読み取りと身体症状のアセスメント
    (心電図・レントゲン・UCGの読解)
講義
演習
 
Ⅰ-④ 酸素療法と看護 復習
  1. ①正しい酸素療法(酸素投与の種類と適応)
  2. ②酸素ボンベの残量を把握する(安全な移送)
講義
演習
テスト
Ⅰ-⑤ 酸塩基平衡
  1. ①酸塩基平衡の基礎とデータを看護ケアに活用する
講義
演習
テスト
Ⅰ-⑥ 日常生活援助1
患者の健康段階に沿った看護ケア
(急性期から回復期)
  1. ①ADL拡大の必要条件
  2. ②患者のできることとできないことを見極める。
    (回復の可能性を摘み取らない看護)
講義
演習
 
Ⅰ-⑦ 日常生活援助2
重症化を防ぎ、合併症をつくらない
  1. ①機能回復及び悪化予防のモビライゼーションとは
  2. ②看護師が行うべき心臓リハビリテーションと体位管理
  3. ③早期離床の目的と効果、早期離床の弊害要因
講義  
Ⅰ-⑧ 自己の看護観を見つめ、本質を見出す
  1. ①自分の言葉で看護を語ろう
発表 レポート

Second

目的:
培ってきた経験則にとらわれることなく既存の知識に新たな知見を取り入れ、他者と協力しながら率先した看護を実践する。

【年間目標】

  1. 倫理的視点のもとに患者・家族の人権について敏感に気付き、配慮することができる。
  2. 新たな知見を積み重ね、患者にとって必要な看護ケアを検討し実践することができる。
  3. 根拠のある看護ケアを実践することができ、またそれを看護の視点から言語化することで看護師間のみならず他職種へ伝え、連携を図ることができる。

開催回
項目 内容 指導方法 評価方法
評価基準
Ⅱ-① 臨床推論の理解と活用
  1. ①臨床推論の思考過程
  2. ②他者へ的確に伝えるテクニック:Ⅰ-SBARを活用する
講義
演習
発表
Ⅱ-② 体温管理の基本と看護ケア 術中~術後における体温管理 最新のエビデンスと看護ケアの動向 講義  
Ⅱ-③ 多臓器不全症候群(MODS)としてのせん妄の理解と看護
  1. ①せん妄の要因と予防的かかわり
  2. ②危険を予測した看護ケア
講義
GW
 
Ⅱ-④ 水・電解質の知識と理解
酸塩基平衡②
検査データの看護への活用
  1. ①体液の組成と恒常性、胸腔内圧とは
  2. ②血液ガスデータ(酸塩基平衡)の復習と応用
  3. ③UCGを味方につける
講義 テスト
Ⅱ-⑤ 不整脈の理解と看護ケア①
不整脈の理解と看護ケア②
  1. ①心電図の特徴と治療・看護(電解質異常)
  2. ②急治療を必要とする不整脈の発見および迅速な対応
  3. ③ペースメーカーの種類と一般的な適応 一時的と恒久的ペースメーカー使用中の患者の看護ケア
講義 テスト
Ⅱ-⑥ 重症呼吸不全:呼吸状態のアセスメントと看護ケア
  1. ①フィジカルアセスメントの技術を活用する。
  2. ②CX-Pの評価方法
  3. ③侵襲の高いケア:気道清浄化(気管挿管時の吸引)と体位ドレナージ
講義
演習
 
Ⅱ-⑦ 重症心不全:循環動態のアセスメントと看護ケア
  1. ①環動態の理解(前負荷と後負荷)と体液管理
  2. ②薬剤の種類と理解
  3. ③呼吸・体動困難および浮腫のある患者の安楽な看護ケア
講義
演習
 
Ⅱ-⑧ 急性心筋梗塞:心電図変化と看護ケア Secondまとめ
  1. ①急入院からPCI治療後の経時的アセスメント
  2. ②心筋酸素消費量を抑えたADL制限のある患者の看護ケア
講義 レポート

Third

目的:
循環器看護におけるエキスパートとしての自覚を持ち、新たな看護を創造する。