診療協力部門

薬剤科

飲み薬、ぬり薬・貼り薬などの外用薬、注射薬、検査や手術の時に使用される薬など、病院内で使われているすべてのお薬は、薬剤科をとおして準備されています。

薬剤科の主な業務

当院薬剤科は調剤・薬品管理・DI活動などの他、主に入院患者様に対する薬物療法に関わっています。

薬剤管理指導を中心に可能な限り病棟に常駐し、医師・看護師・その他スタッフと共にチーム医療に参画しています。

また、院内における委員会活動にも積極的に参加し、様々な職種のスタッフとコミュニケーションを図ることで 多角的に医療を考え、薬剤師が関わるべき課題をみつけ切磋琢磨しています。

薬剤師が関わる主な委員会等

  • 院内感染対策委員会
  • 医療安全管理委員会
  • 糖尿病患者教育推進委員会
  • 褥瘡対策委員会
  • 骨粗鬆症リエゾンチーム
  • 薬事委員会

患者様およびご家族の皆様へ

「おくすり手帳」をお持ちですか?

「おくすり手帳」は、これまでのお薬での治療経過がわかる大切な記録です。

お薬の重複や飲み合わせの確認のみならず、薬が変更になった時、服用する量が変わった時など、この手帳ですぐに確認することができます。

東日本大震災では、一部の医療機関で津波の被害を受けカルテが消失し、「おくすり手帳」が唯一の診療の情報源となったそうです。

旅先で体調を崩し、見知らぬ土地で急に入院となってしまった!

入院したが、お医者さんや看護師さんとお話ができないほど辛い!

といった時なども「おくすり手帳」の処方履歴が、速やかに適切に治療を行うための情報源の一つになります。

薬局に行く時のみならず、病院受診時、入院時には、必ず「おくすり手帳」をお持ちください。

ご存知ですか?処方せんには、期限があります。

処方せんには、「処方せんの使用期間」の欄に記載がない限り交付日を含め4日間という期限があります。

特に、連休で保険薬局がお休みになる時など注意が必要です。

病院で処方せんを受け取りましたら、速やかに、保険薬局への提出をお願い致します。