患者様の権利宣言

  1. 【良質の医療を受ける権利】患者様・利用者様が差別なしに適切な医療を受ける権利を尊重し、また医療スタッフは、患者様・利用者様に良質な医療を提供出来るように努力します。
  2. 【選択の自由の権利】患者様・利用者様が担当の医師や病院を自由に選び、また変更する権利を尊重します。
  3. 【自己決定の権利】診断や治療に関する必要な情報について十分な説明を受け、検査や治療を受けるか受けないかを、患者様・利用者様の意思で決定することができます。
  4. 【意識のない患者様・利用者様】患者様・利用者様が意識がなくなり、自分の意思を伝えることが出来なくても、可能な限り代理人に説明し同意を得るように努力します。
  5. 【法的無能力の患者様・利用者様】未成年者など、自ら適切な判断をする能力がない場合は、法律上の代理人の同意が必要になりますが、その場合でも患者様・利用者様の意思を最大限尊重します。
  6. 【患者様・利用者様の意思に反する処置・治療】法律上あるいは倫理的に正しいと判断される場合は、患者様・利用者様の意志に反する処置や治療を例外的に行う場合があります。
  7. 【情報に対する権利】患者様・利用者様は医療上の情報や健康状態について、十分な説明を受けることができます。
  8. 【守秘義務に対する権利】患者様・利用者様個人に関する情報について秘密を守り、個人データを保護します。
  9. 【健康教育を受ける権利】病気の予防や早期発見、健康的なライフスタイルに関する情報など、患者様・利用者様の健康に関する教育に積極的に関わっていきます。
  10. 【尊厳に対する権利】患者様・利用者様の尊厳やプライバシーを守ります。
  11. 【宗教的支援に対する権利】患者様・利用者様が宗教的な支援を受ける権利を尊重します。