地域連携室のご案内

地域連携室のご案内

当院では地域の皆さまや地域自治体、企業、医療機関様との連携を大切にしております。

下記のようなご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • 地域イベントの参加(お祭りなどの医療スタッフの派遣)
  • 医師による講演会(大体1時間程度)
  • 出張健診(企業に限ります)

などなど

また近隣の医療機関の先生方から各種検査のご依頼をお受けしております。

ご依頼方法は下記の通りとなっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

各種検査のご案内

【申し込みの流れ】
各種検査の申し込みの流れ[図]

PDF形式ファイルについて
PDF形式ファイルをご覧になるためには、Adobe Reader(旧:Adobe Acrobat Reader)が必要です(無料)。 ご使用のパソコンにインストールされていない場合には、「Get Adobe Reader」のボタンをクリックして、ダウンロードしてください。

Get Adobe Reader
【機器のご案内】
マルチスライスCT[写真]
  • CT(HITACHI ROBUSTO マルチスライスCT)
  • MRI (PHILIPS Intera 1.5T )
  • DR(TOSHIBA Winscope 64)
  • 骨塩定量装置(GE DPX-BRAVO)

DR[写真] 骨塩定量装置[写真] MRI[写真]
【受入れ検査項目】
  • CT:全身CT (頭部・頸部・胸部・腹部・四肢・脊椎・大血管単・頭部・頸部CTA 等)
    単純 ・ 造影(*)
  • MRI:全身MRI (頭部・頸部・MRA・脊椎(頸椎・胸椎・腰椎)・骨盤・股関節・四肢 等
    単純 ・ 造影(**)
  • DR:上部消化管・下部消化管撮影(技師施行)・尿路系造影検査(IP・DIP)(*)
  • 骨塩定量装置:腰椎(又は股関節)におけるDEXA
  • (*)尿路・CT造影剤:イオパミロン(370)、(300)
  • (**)MRI造影剤:マグネビスト

を適宜使用致します。

【造影剤使用時の注意事項】
ヨード造影剤(CT・DIP・IP)
[禁忌事項]
  • ヨード・ヨード造影剤に過敏症の既往歴のある方
  • 重篤な甲状腺疾患のある方
[原則禁忌]
  • 喘息の方
  • 重篤な腎疾患(無尿 等)のある方
  • テタニーのある方
  • 褐色細胞腫 又は その疑いのある方
ガドリニウム系造影剤(MRI)
[禁忌事項]
  • ガドリニウム系造影剤に対し
  • 過敏症の既往歴のある方
[原則禁忌]
  • 喘息の方
  • 重篤な肝障害のある方
  • 重篤な腎障害のある方

※緊急処置が必要になったときは、ご連絡の上、当院で処置をさせていただきます。

【検査受入れ後の流れ】
  • ふれあい町田ホスピタル 総合受付にてcheck inしてください。
    (問診表に記入してください)
  • 基本カードをおもちになり、放射線科の受付にそのままお越しください。
    (基本カードは、総合受付で受取ってください。)
  • 造影剤を使用時は、腎機能(クレアチニン・BUN)のcheckを致します。
    (3ヶ月以内の最新のデータでお願いします。)
    データがあれば、おもちください。(申込書に記入でもかまいません。)
    データがないようであれば、当院にて採血させていただきます。(有料)
  • 検査施行後、提供媒体が至急必要な方は、その場で患者様にお渡しします。
    (記録媒体作成に15~20分ほどかかります。)

    読影と一緒でよろしければ、紹介機関まで、郵送又は持参となります。
    (読影には1週間ほどかかります。)

    記録媒体は、フィルム(半切サイズ)・CD-R・不要 から、申込時にお選びください。