理学療法

理学療法

理学療法とは、病気やケガで身体に障害のある方に対して、おもに日常生活に必要な基本的な動作能力の回復を図るために、治療体操やその他の運動を行ない、電気刺激やマッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいいます。

理学療法士(Physical Therapist)は、医学や運動治療学を基礎とした運動療法、温熱療法や電気療法、水治療法など物理的な刺激による物理療法などを治療に応用します。このほか、退院後の住環境の整備や、訪問リハビリテーションも理学療法士が担う領域です。

運動療法

体全体またはその一部を動かし、症状の軽減や機能の回復を目指す療法で、治療体操、機能訓練などと言います。筋力強化、麻痺回復促進訓練、関節可動域回復訓練、歩行訓練、心肺機能改善訓練などが含まれます。

当院では広々としたリハビリテーションセンターで、患者様の症状に合わせた機能訓練や歩行訓練を実施しています。また、同時に病棟での日常生活動作訓練も積極的に実施しています。

その他

当院では、自宅退院後も機能維持に努めてもらえるよう、自主トレーニングメニューの作成や、退院後の住環境の設定も積極的に実施しています。