教育目的・方針

目的

ふれあいグループの基本理念に基づいた看護を実践できる看護職員を育成し、且つ多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族および地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供できることを目的としています。

教育方針

ひとりひとりの看護・介護職員が「個性豊かで、主体的な看護・介護の実践者」に成長して欲しいと願っています。 患者様や利用者様との出会いの場、看護・介護実践の場が、そのまま成長の場となるよう、教育的な環境づくりを推進していきたいと考えています。

また、各々の看護・介護への夢や希望が実現できる場でありたいと思います。 看護・介護サービスの質が、最前線で患者様や利用者様と直接関わる看護・介護職員の人間性に大きく依存していることからも、看護・介護職員の成長過程のサポートが、患者様や利用者様の満足につながると言えましょう。 困難な問題を患者様や利用者様と共に考え、勇気と専門的な知識・技術で乗り越えていく‘力’がある看護・介護職員の育成をめざしています。