回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーションとは

脳血管疾患または大腿骨頚部骨折等急性期治療終了後の患者様に対して、医師、看護師、リハスタッフ、ソーシャルワーカー等が共同して作成したリハビリテーションプログラムに基づいて集中的にリハビリテーションを行うための病棟です。

寝たきり防止と在宅復帰を目的として、リハビリセンターにおける訓練だけでなく、病棟でもご自宅に近い環境で訓練を行い、日常生活動作能力の向上を目指します。

入院対象者

  発症~入院 入院期間
脳血管疾患・脊髄損傷・頭部外傷・くも膜下出血のシャント術後・脳腫瘍・脳炎・急性脳症・脊髄炎・多発性神経炎・多発性硬化症・腕神経叢損傷の発症もしくは手術後 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った脳血管障害・重度の頸髄症・頭部外傷を含む多発外傷 2ヶ月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折または手術ニ肢以上の骨折 2ヶ月以内 90日
開胸・開腹術または肺炎などの治療の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後または発症後 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経、筋、靱帯損傷 1ヶ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

当院回復期リハビリテーション病棟概要

  • 病床数:50床
  • スタッフ:医師

    病棟スタッフ(看護師、看護助手)

    リハスタッフ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

    ソーショルワーカー

  • 回復期リハビリテーション病棟Ⅰ算定病棟
    • 入院適応患者:回復期対象患者80%以上、一般患者20%以内
    • 日常生活機能評価10点以上20%以上
    • 在宅復帰率 70%以上
    • 重症患者(10点以上)が退院時4点以上回復した患者30%以上

病棟での歩行訓練

写真

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟の疾患別割合

回復期リハビリテーション病棟の疾患別割合[図]

回復期リハビリテーション病棟の在宅復帰率及び退院先状況

回復期リハビリテーション病棟の在宅復帰率及び退院先状況[図]

当院ではADL報告会や病棟とリハビリテーション科の合同勉強会も行っています。

合同で行ない患者様の情報を共有したり、より良い入院生活が送れるように勉強会を行いお互いの実技や知識を向上し、他職種間の連携の強化に努めています。

入院から退院までの流れ

入院から退院までの流れ[図]

連携システム

医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士・栄養士・介護士などが、チームで患者様に対して取り組んでいきます。日常生活上での自立を目指します。

連携システム[図]

当院回復期リハビリテーション病棟におけるイベント

回復期リハビリテーション病棟 交流会

交流会の目的
回復期病棟にご入院中の患者様・ご家族様へ交流の場を提供すること
患者様・ご家族様、回復期リハ病棟スタッフ間でのコミュニケーションの場としての活用
入院中に関わる総合的な医療看護の知識や制度利用のフォローアップ(介護保険で利用できるサービスの紹介等)
患者様・ご家族様、双方の理解を深めることで、回復過程・退院準備のイメージ化を促進し、在宅復帰を円滑にすること
[写真] [写真] [写真]
参加されたご家族の声
直接、話を聞くと分かりやすく実際に食べることも出来、参加させて頂けて大変良かったです。
帰宅後の生活を想像しながらお聞きしました。少しでも不安が解消されて良かったです。
基本的な脳梗塞が良く分かり、今後の参考になりました。家族の方の心配事、医師の話など聞くことができて良かったです。

回復期リハビリテーション病棟 行事

季節の変化を感じていただくため、催し事を実施しています。

患者様と共に歌や体操、ゲーム等行っています。

[写真] [写真]