PET健診のご案内

大切な奥様のメディカルチェック忘れていませんか? PETご優待価格のお知らせ 【PET/CT】PET/CT検査は、さらに一歩進んだがんの画像診断法です。

PET検査とは…

PET-CTによる検査と通常検査の比較[図]

ガンは一つの細胞から増殖を繰り返して加速度的に大きくなります。 1cmの大きさになるまでに通常約10年から20年かかるので、小さいうちに発見すれば早期治療により完治可能で、身体的・経済的負担も軽減します。 ガン細胞は、分裂が盛んに行われているため、正常な細胞に比べて、約3~8倍のブドウ糖を消費する性質があります。

そこでブドウ糖に似た検査薬(FDG)を体内に注射し、その集まり具合を画像化します。 特に集まりが多い所はガンの可能性が強くなります。

PET-CT 装置は、このPET 画像にCTスキャナによる画像を融合して、ガンの代謝、形状、場所を確認し、悪性度を診断します。 通常の検査の約10~20倍の検出能があるので、小さな病変を早期発見できるわけです。

最先端検査装置PET‐CT

PET-CT装置[写真]

茅ヶ崎中央病院、湘南健康管理クリニックでは、より正確な診断をするために、1台でPETとCT両方の機能を併せ持つPET-CT を導入しました。

PET-CTでは、PETによる生体の機能画像とCTによる病態画像を重ね合わせた画像を一度に撮像できるため、病変部の位置の特定や正確な診断を速やかに行うことができます。

PET‐CT画像

PET-CT画像[写真]

最先端のPET-CTを使用して、これまで発見の難しかったガンを早期発見することが可能です。

また、PET-CTの検査時間もおよそ15分~20分と短時間で終了します。

PET‐CT検査のメリット

PET-CT装置[写真]
1.早期発見
発見されにくいとされていた「ガン」の、ミリ単位の早期発見が可能。
2.全身を診る
一度の撮影で、全身の状態を診ることができます。
3.転移や再発
全身検査なので、離れた部位への転移や再発の発見が可能。
4.良・悪性の区別
検査によって得られた画像で良性・悪性の区別ができます。
5.驚くほど楽
痛みは薬剤注入時の注射程度。あとは横になっているだけです。

PET健診メニュー

検査項目 ベーシック スタンダード エグゼクティブ
PET検査
体幹部単純CT検査
頭部MRI+MRA検査    
腹部エコー(上腹部・下腹部) (※下腹部のみ)
腫瘍マーカー6項目  
ペプシノーゲン検査  
血液生化学検査  
眼底検査    
心電図検査    
喀痰細胞診  
便潜血反応検査(2日法)
身体計測・尿検査  
問診及び質問表
医師診察
健診料金(税抜) 95,000円 120,000円 155,000円
  • ※ 上記の他にもオプション項目がありますので、ご相談下さい。

PET健診受診のご案内

健診日
毎週月曜日~土曜日(但し祝祭日及び年末年始は除く)
健診時間
コースや順番により、開始と終了の時間が異なりますので、詳しくはご予約時にお問い合わせください。

受診を希望される方へ

  • PET 健診は実施検査数に極めて制限があるため完全予約制で行っております。 受診に必要な書類、資料等をお送りする都合上、余裕を持ってお申し込みください。
  • お申込は、8:30~17:30の間にお電話にてお受けいたします。 また当クリニックホームページでは、24時間申込みを受け付けています。
  • 検査結果は約2週間後郵送いたします。
  • 精密検査が必要な場合は、湘南東部総合病院等連携・協力病院へご紹介いたします。

PET健診に関するご質問について

PET健診に関するご質問等はメールフォームより受け付けております。

必要事項をご入力の上、「フォームの内容を送信」ボタンを押してください。

後日メールにて返信させていただきます。

メールフォームはこちらから