医療法人社団 康心会 湘南健康管理クリニック

健康診断のご案内

頸動脈エコー検査

頸動脈エコー検査とは

頸動脈エコー検査とは、動脈硬化の進行状況を確認する検査です。 首のところには、心臓から脳に血液を送る頸動脈があり、この頸動脈にエコー検査を行い、頸動脈の動脈硬化がないかを調べます。 被曝も痛みもなく、動脈硬化の進み具合を知る事が出来ます。

「動脈硬化」とは・・・

動脈とは、心臓から送り出される血液を全身に運ぶパイプのような血管のことです。 ただ単に血液を運ぶだけでなく、状況に応じて心臓に押し戻すなど、ポンプのように効率よく血液を運ぶ作業を行っています。 そのため動脈はとてもしなやか。簡単に破れたり詰まったりしない、強さと弾力性をそなえ持っています。

動脈がかたくなると、その特性であるしなやかさが失われるため、血管の内側がせまくなった場合は、必要な酸素や栄養がいきわたらず、臓器や組織が正しく機能しなくなります。 更に血管が詰まると臓器や組織に血液が流れず、壊死してしまうこともあります。

動脈硬化症が進行すると、心臓に大きな負担がかかるため、高血圧、心肥大、心不全などの心疾患につながります。 また、血管が狭くなったり詰まったりすることで、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などを引き起こします。血管が破れると、クモ膜下出血など脳出血の危険も出てきます。

補足

頸動脈の動脈硬化が進んでいるほど、ほかの部位の動脈硬化も進んでいると考えられます。このことから、動脈硬化が原因となる心筋梗塞や脳梗塞、大動脈解離などの命にかかわる病気が発症する危険度を推測することができます。